この方法では授乳は痛い 4

d0063558_22311563.jpg

果敢に、また、タイトル、違うかも(@_@)



暑い夏は、続きますが、おっぱいライフのお母様、
乳腺炎は大丈夫でしょうか。

適切なポジショニングとラッチオンは
暑い時や、
帰省して授乳の時の椅子やリズムが変わると、
適切でないポジショニングとラッチオンとに変わりがちです。



さて、LAYLAちゃんの頭部分の改善点にお気づきになったでしょうか。

頭には、当然ながらお口がついています。
ママは責任感強く、「のみやすいように助けてあげなきゃ」と
一生懸命に頭をおっぱいに引き寄せていることは少なくありません。

その熱心さが逆に、赤ちゃんの「飲みたい気持ち」と、
ぶつかっていることがあります。



理解しやすくするように、蛇足になるかもしれませんが
補足説明しておきますね。


赤ちゃんが乳首を探すために使うものは何なのでしょうか。

匂い、、、乳首の匂いが一番役に立っています。

また、下顎やほっぺが乳房に触れた感触で乳首を探す行動に
スイッチが入るようです。


つまり開いた口に乳首を押し込むのではなくて、
赤ちゃんが飲みたい時にのみやすいようにセッティングするのが
ポジショニングの目的というわけです。



具体的な解説はまた、次回をお楽しみに(^-^)/
Commented by ゆうこママ at 2010-08-15 07:08 x
帰省中の授乳って本当に姿勢も変わりますし、いつものクッションがないので飲ませにくい(飲みにくそうな)ので娘に謝る始末です。
しかも最近、娘の便秘が続き心配して毎日マッサージしたり3、4日目になると綿棒浣腸で排便を手伝ってました。
しかしフッと思い返すと最近お菓子を食べる事がエスカレートしてる事に謝る気付きました。
乳腺炎になる前に娘の体を張ったメッセージかもしれない…と思い、食生活を初心に戻り見直してみることにします。

完母だと油断してました。母乳の影響力、自覚が足りなかったな、とマタ反省しそうです。
Commented by Dr-bewithyou at 2010-08-15 09:11
ゆうこママさま>
コメントをありがとうございます。

いつものクッションがないと難しいときがありますよね。
そんなとき、バスタオルをぐるぐる巻いたものや、
お布団や、今あるもので意外と役に立つものがあります。
抱き方を改めるとおっぱいもたくさん飲めて、
乳腺炎も予防できるのでお試しください。
(この記事ではまだ、痛くない授乳にたどり着いていなくて、
 ごめんなさいね)

そして、お菓子。
乳腺炎とお菓子とには大きな関係はないようです。
お菓子を食べるくらい疲れているということで、
お出かけやお客様を控えてのんびりしてはいかがでしょうか。
もちろん、食事のバランスは大切です。

疲れたときの甘いものにまで罪悪感を感じるほどの
悪影響はないのではないようです(T_T)

乳腺炎の原因は、乳管の閉塞などによる、
乳汁の鬱滞だといわれています。
抱き方の工夫と、
授乳のタイミングがあきすぎないようにすることから
初めてみるのをおすすめいたします(^-^)/
Commented by ゆうこママ at 2010-08-15 17:16 x
ありがとうございます(^^ゞ
早速、実家にある枕を使ってみました。少し楽チンになりました。

お菓子は、あまり乳腺炎に関係ないんですね…。(でも、ここ最近本当に食べ過ぎてたんです(^^;))
色んな情報がありすぎて、何が本当なのかがわからなくなります。
これからもブログ楽しみにしてます(^-^)
ありがとうございました♪
Commented by Dr-bewithyou at 2010-08-15 17:46
ゆうこママさま>
枕も使いやすい形ですね。

お菓子を山ほど食べたいほど疲れている、というのは、
乳腺炎の原因にもなるかも(^_-)-☆しれませんね。

乳腺炎と食事の関係を、厳しく言う人たちが、
まだ少ないのは理解しています。

食べ物で乳汁の成分はほとんど変わらないと伺って、
お菓子で乳腺炎って本当かなあ、と、
乳腺炎の診察のたびに確認してきました。

するとポジショニングとラッチオンとに問題がなく、
授乳間隔にも問題がなくて、どうみても、
お菓子かお肉だなと、断言できた症例は、
私が診察した人では、まだ一人もいらっしゃらないようです。
必ずほかに理由がありました。

たくさんある情報の中で、信じてはいけない情報の多くは、
ミルク会社さんが関わっているようです。と、
老婆心ながら付け加えさせてくださいね(^-^)

乳腺炎にならずにすみますように。
by Dr-bewithyou | 2010-08-13 22:31 | 問題発生 | Comments(4)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31