痛くないように授乳するには 1

d0063558_13222280.jpg

痛みの出やすいポジショニングとラッチオンを
書いてきましたし、もう少しお伝えしたいこともあるのですが、
「痛くない」飲み方のお話もしてみますね。



白状しますと申し訳ない話ですが、私も昔はにっこり微笑んで
「授乳が痛くても、お母さんでしょう、
赤ちゃんのために頑張りましょうね」
と言っていた派です。

それが来月、岡山で開催されるJALC主催の
「医師のための母乳育児支援セミナー」の
第一回めで、授乳は抱き方やくわえさせ方で、
つまり、ポジショニングとラッチオンとで痛みや
分泌量が変わることを学んで目からウロコでした。


ポジショニングとラッチオンとに気をつければ
マッサージなしで乳腺炎が重症化しないどころか、
再発症も減ることを目の当たりにしてきました。



写真は、ひきつづきLAYLAちゃんです。


痛いシリーズのLAYLAちゃんとどこが違うでしょうか。

じっと見つめて見比べてくださいね。



解説はまた後ほど(^-^)/



人気ブログランキングへ
↑この記事がお役に立ちましたらワンクリックお願いします(*^^*)



「メディカルウーマン」></a><br />
<font color=「メディカルウーマン」に、参加しています。




おしらせ:
平成22年4月から活動拠点を松山市から
香川県高松市に移動しましたm(_ _)m
同じ思いでお産を見守る助産師さんとの出会いも
あったらステキだなあ、と思っております。





by Dr-bewithyou | 2010-08-15 13:22 | 問題発生 | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児(おっぱいライフ)の応援をしている産科医 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31