当ブログの災害時の母乳育児の記事まとめ:捜し物に

しばらくはこの記事を常にトップにおいておきますことをご了承くださいませ。
まずリンクを貼ります。それぞれの説明は後ろに書きました。

携帯での情報は以下のQRコードをご利用下さい。
(一部、フィーチャーフォンでは確認出来ないPDF書類やサイトがリンクされています。スマホ・タブレットではリンク切れのないすべての情報が確認出来ます。
紙コップ授乳の携帯電話用のリンクはこの記事のもう少し下にあります。)
d0063558_09191377.gif

 







(2015年1月17日 cman を使ってリンクを貼り直しました。)
 抱っこひもの「北極しろくま堂」さんの情報
 母乳をあげる事が出来ない人もいます。




放射線被曝を心配する母親へ(日本産科婦人科学会の情報)
放射線被曝を心配する母親へ(日本核医学会の情報)
日本産科婦人科学会、日本放射線医学会などからのお知らせ平成23年4月1日追記

2011年05月13日 日本未熟児新生児学会/日本周産期・新生児医学会 合同声明
母乳中の放射性物質に対する見解
 (平成23年5月15日追記)



紙コップの授乳法はバーコードリーダーでもご使用いただけます。
d0063558_0552684.jpg
cmanで作成しました


Twitterが情報交換に役に立っていました。(2011/05/09追記)
使い方を2回に分けて書きました 【1】 【2】




このたびの巨大地震ならびに津波の被害に遭われた方に、
心よりお見舞い申し上げます。

母乳をあげているお母様の応援のために
立て続けにまとめた記事のリンクの内容は以下で説明します。
携帯で読んでいる方はこの先は飛ばしても
 ↑と同じ内容の解説です


母乳育児ができるように応援してもらえているママは
その人たちと力を合わせてこの時期をやり過ごしてくださいね。
応援するスタッフにも役立つ情報を集めました。


また応援団がいなくて「足りないのでは?」と、
まわりの人にいろいろ言われていたり
ミルクがないと育児出来ないというような情報に囲まれたりで
とても心細い思いをなさっているかもしれないです。

そんな方に特にここでの文章でできる限りの応援の気持ちが
届いてくれましたら幸いです。



JALC(日本ラクテーション・コンサルタント協会)発の情報
地震発生直後のお見舞いにそえて
JALC(日本ラクテーション・コンサルタント協会)の情報のリンク
先進諸国における母乳育児支援情報(H23.6.18 リンク先を追記)
 現在JALCのサイトでは
 放射能汚染に関する情報
 災害時の乳児栄養(ミルクの情報も含む)
 などを、新しい情報が発信されると随時更新しています。

 
ストレスで母乳が止まったようで不安なときや、
母乳を増やすために役立つ情報

Twitterでもしばしば紹介している記事です。
 母乳が足りているかどうかを確認する方法
 母乳を増やすための情報
 などについて以前書いた記事をここにまとめました。
ラ・レーチェ・リーグの電話相談情報


乳腺炎の情報
乳腺炎は母乳を作る量>母乳が乳房の外に出る量になったときに、
起きる病気です。助産師さんのマッサージで治療している人も
少なくありませんが、自分で対応できるために必要な病気としての情報と
効果的な授乳のための方法です。
乳腺炎に関する以前の記事で大切な物をピックアップしています。
発熱やおっぱいのしこり。。。乳腺炎でしょうか?


ミルクに関する情報です。母乳も出なくなった今みたいな時に、
ミルクに関する不安なことを知りたくないと言う人も
いらっしゃるかもしれません。こんな時だからこそ、
無条件にミルクは良いもの、と思って使うのと、
お薬のように副作用があっても必要な物を必要最小限使うように
気をつけて使うのとでは赤ちゃんへの健康の影響は随分変わります。
きれいな水やほ乳瓶の清潔を守る手段を持たないときに、
赤ちゃんの健康を考える上で欠かせない情報です。
ミルクの説明(調乳方法を含む)
 多くのママも支援スタッフもミルクは完全無欠と信じていることが多いです。
 そのミルクについての問題点などを書いています。
 決して怖がらせるためではなくて、
 安全に使うために気をつけるポイントをまとめてみました。

支援する人が母乳やミルクをあげている母親を支援するのに携行すべきもの

 この時期になると、そろそろ不要になってくる情報です。
 被災直後に欠かせない情報です。ミルクで育児している母親には、
 様々な物資が応援として必要です。
紙コップでの授乳
 そんなことできるなんて!と目から鱗なワザです。
 普段はほ乳瓶を使う事で生まれて間がない赤ちゃんが、
 おっぱいを飲むのに慣れるのが遅れるのを防ぐためのワザですが
 清潔なほ乳瓶がないときに役立ちます。


原子力発電所の事故による放射線被曝に関する情報
放射線被曝を心配する母親へ(日本産科婦人科学会の情報)
放射線被曝を心配する母親へ(日本核医学会の情報)
その他の新しい原発事故関係の記事。↓
当ハグブログ(H23.4.1この項に追加):
http://smilehug.exblog.jp/13237056/


育児に役立つ情報は?
携帯のメールがダウンし、テレビでは悲惨でドラマチックなシーンばかり。
ラジオが馬鹿にならない情報源ですが、Twitterやmixiが随分と役に立ちました。
【1】 【2】
mixiは私は利用していませんので、Twitterについて↑に説明しています。




その他、災害に関係なく、ママたちを悩ませる問題については、
当ブログの「タグ」それぞれもご参照くださいませ。
投稿数は900以上あるため、
→の下の方にあるブログ内検索も便利かもしれません。




人気ブログランキングへ
↑この記事がお役に立ちましたらワンクリックお願いします(*^^*)

「メディカルウーマン」></a><br><font color=「メディカルウーマン」に、参加しています。



記事や写真・イラストの無断転載はお断りします。
この2-3年よりも前の記事では内容がすでに古い可能性があります。
改訂などの管理が行き届いていないこともありますので
記事の公開時期にもご注意下さい。



about me:
平成24年4月からは、小豆島で、分娩に関わっていきます。

目標は「母乳育児支援を学ぶ会in四国第2回」。
まだまだ、道のりは遠いですが一緒に実現してくれる
仲間を募集しています






Commented at 2011-03-23 18:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みるく at 2011-03-23 21:14 x
以前、コメントさせていただきました。
助産師のみるくです。
救助隊として被災地へ行くことになりました。
母子のケア中心です。
母乳のこと、まだまだわからないことだらけで、ここで少しずつ勉強させていただいています。
ありがとうございます。

都内でも水道水が危ないと言われはじめ…ミルクや母乳のことでまたひと波乱ありそうです。
でも母と子に優しいケアを目指して、頑張ります!!
Commented by Dr-bewithyou at 2011-03-24 17:48
2011-03-23 18:20鍵コメさま>
LAYLAちゃんの記事を、お母様たちへの
情報提供に使っていただいてありがとうございます。

もう少し追加したいことがあると思いつつ、
なかなか手が回っていません。書けていない部分があるため
分かりにくいことなど有りましたら、ご質問くださいね。

お母様たちが、自分で対応できる母乳育児が
広がっていくことを日本でも強く願っております。
Commented by Dr-bewithyou at 2011-03-24 17:51
みるくさま>
被災地への応援は気持ちも体力も沢山使う事でしょうけど、
お母様と赤ちゃんとの応援という貴重なお仕事を、
待っている人はたくさんいることでしょうね。

分からないことはこちらのブログやTwitterで、
ご質問くださいませ。
また、↑のQRコードなど、もしご希望があれば、
コピーして使っていただいても構いません。

どうか、お体に気をつけて行ってらっしゃいませ。
Commented at 2011-04-05 18:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Dr-bewithyou at 2011-04-06 21:38
2011-04-05 18:56鍵コメさま>
ガトーショコラ、、、を焼いてくださったママさんでしょうか。

お二人目も10ヶ月まで母乳をあげられたのですね。
それがお病気のために、授乳中止との指示が出たとのこと。

治療の期間が限られているのであれば、
母乳を開始できる可能性があるので搾っておくことは、
その時のためになるのですが、、、、
搾りすぎると逆効果になることがあります。

http://smilehug.exblog.jp/10243000/
http://smilehug.exblog.jp/11956904/
↑の記事が参考になるのですが、、、
乳腺炎など心配なこともあります。よろしければ、
非公開コメントでメルアドなどお知らせ願えませんか?
セキュリティの低い非公開なので、
@を★★などに置き換えて書いて頂いた方が安心です。
(Twitterをなさるならば、フォローして頂いたら、
 フォロー返してDMでもいいのですが)

あれやこれや大変そうな日々の中、
気持ちの安らぐ日が、1日も早く訪れますように。
Commented by Dr-bewithyou at 2011-04-08 17:29
2011-04-07 19:51鍵コメさま>
病院に今ではパソコンがあるのですね。
胸の痛いときは、乳首のまわりだけをほぐすように、
少しだけ搾ってから、
冷やしたり暖めたりで楽になる事があります。

お大事になさいませ。
コメントのメルアドは、セキュリティの低いブログなので、
消去させていただきますね。
Commented at 2011-04-08 17:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-04-08 20:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Dr-bewithyou at 2011-04-19 23:39
2011-04-08 20:24鍵コメさま>
お返事が気になっていたのに
無茶苦茶遅くなってごめんなさいね。

地震すらない四国住まいのくせに、
気持ちがめげてパソコンを触る元気がありませんでした。

例えば、しっかり抱きしめてあげる事、、、こんなことも、
子供の病気への抵抗力を強めてくれます。
退院してから時間の許す限り抱っこしてあげることも
ママに出来る大切なことではないでしょうか。

難しい立場で、母乳をあげ続けたいと思ったその気持ちが
赤ちゃんへのプレゼントだ、と、私は感じました。
私のことを思い出してくださってありがとうございます。
by Dr-bewithyou | 2017-01-15 22:14 | 探し物は何ですか? | Comments(10)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児(おっぱいライフ)の応援をしている産科医 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30