2012年11月10日(土)は香川母性衛生学会に参加します。

今のところ決定している部分についてのプログラムを頂きました。
第13回 香川母性衛生学会総会・学術集会プログラム
◆特別講演   12:40~13:40
 「母乳育児をとりまく諸問題」
演者 香川大学医学部附属病院小児科学講座教授          伊藤 進先生
◆シンポジウム 13:50~15:20
 「母乳育児への取り組み」
<シンポジスト>
1.香川小児病院              堀家 王代(助産師)
2.香川大学医学部附属病院         岡田 佳子(新生児救急認定看護師)
3.ぼっこ助産院              真鍋 由紀子(助産師)
4.香川県立中央病院            古川 京美(看護師長)
5.内海病院                戸田 千(産婦人科医師)

◆一般演題   15:30~17:00


シンポジストとして、私も、参加させて頂けます。
ありがたい事です。


四国の母乳育児支援が熱い!を、
今年は、内々のキャンペーン(*^o^*)として推進してきたものの、
集大成の機会をいただけた、と言うわけです。


詳細が決まりましたら、また、お知らせいたします。


人気ブログランキングへ
↑この記事がお役に立ちましたらワンクリックお願いします(*^^*)



「メディカルウーマン」></a><br />
<font color=「メディカルウーマン」に、参加しています。




about me:
平成24年4月からは、小豆島で、分娩に関わっていきます。
ハグブログに共感する思いでお産を見守る助産師さんとの出会いも
あったらステキだなあ、と思っております。

目標は「母乳育児支援を学ぶ会in四国第2回」。
まだまだ、道のりは遠いですが一緒に実現してくれる
仲間を募集しています






Commented at 2012-10-04 23:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Dr-bewithyou at 2012-10-05 14:43
2012-10-04 23:59 鍵コメさま>
はじめまして。
ブログのご訪問とコメントをありがとうございます。

これから出産なさるのでしょうか。
母子同室で上の子を育てて、今度は別室の産院なのでしょうか。
やり方が違うから、今から準備しておこうとお考えなのですね。

病院によって、様々な、時には母乳育児にはプラスにならない
ルールで産褥期をすごすことも香川県では多いです。

お産になる前に助産師さんと
自分のご希望と、病院でどこまで出来るか、を、
よく話し合ってみられるのも、
解決策をみつける機会になるかもしれませんね。

Commented by chii_pa at 2012-10-06 09:03 x
お返事ありがとうございます!

今妊娠5ヶ月、タノシミです。
1人目は同室、2人目はベッドが空いていないなどの事情があり子どもだけ転院でした。今度は産院を選べない状況です、同室できる部屋が1つしかないから先に個室使用している人がいればできないと言われています。
2人目は1週間離れても退院後完母になりましたが、同室できる工夫を病院の方々や保健師さんたちと一緒に考えていけたらと思っていたところです。
ひとりのそんな小さな動きでも、香川の母乳育児を熱くすることにつながるかなぁ、なんて序章を過ごします。

学会楽しみにしています。
Commented by Dr-bewithyou at 2012-12-19 15:15
chii_paさま>
お返事がすっかり遅くなってごめんなさい。

病院を、そして、香川県全体を、
いきなり理想的な産後の生活を過ごせる環境に変化させるには、
私には力が足りません。ごめんなさい。

それでも、一人一人の母親が「我が子といっしょにいたい!」と、
おっしゃっていただくことでも、
状況が段々変化していくことができると信じています。

よろしくお願い申し上げます。
by Dr-bewithyou | 2012-09-25 17:25 | 情報メモ | Comments(4)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31