和食というものをどうとらえるか

情報メモ、です。


日本人を長寿にしたのは和食ではない : アゴラ - ライブドアブログ
↑は、佐久間正英さん(GLAYさんのプロデューサー)が、
紹介していた記事です。

先日、ここ、ハグブログで投稿した食事制限と母乳育児に関する記事は、
このブログ始まって以来の,最高のアクセス数を記録しましたが、
母乳育児、,,というと、なぜか、
「和食で」
「脂っこいものは控えて」
という話がつきまとい、さらに医療従事者や保健行政関係の
乳児の母親を支援する専門家(と思われる人を含む)が、
コテコテの洋食を食べたり,
ケーキを食べたりする母親を強く叱る、という
悲しい出来事も珍しくない出来事です。


今回紹介した記事は、その「和食」が、
世界の生活習慣病の対策にも勧められ始めているとしても、
これは本来の日本の食事とは少し違うものだという視点で
健康を語っているものでした。

日本の食事は本来、食材の保存のために塩を使ってきた。
それが冷蔵庫と物流、高速道路の発達のおかげで塩による保存食が
減って来ていること。タンパク質を食べるようになったこと。
。。。それらは、むしろ,洋食化ともいえるのだった、と。

生活習慣病が死亡原因になってきたというのは、
食の欧米化による弊害と言うよりも、
人がその病気になるまで長生きしはじめたのだという視点には
考えさせられるものがありました。


d0063558_14112152.jpg

↑投稿が少なくてしぼんじゃったGREMZの木




さて、おっぱいライフのおさらいです。

たくさん母乳を出すためには、、、、
◇一回、一回の授乳の度に、作られた乳汁を出しておくこと
◇プロラクチンが下がる前に、授乳回数をふやすこと
 (分娩直後はプロラクチン値が最も高い時間)
が、役に立ちます。

 過去記事 
 http://smilehug.exblog.jp/17622136/ 
 ↑母乳が出る仕組みについて、、、の記事など

乳腺炎には、、、、
◇適切なポジショニングとラッチオン
◇母乳を作る量と,出す量のバランスが取れていること
が役に立ちます。

 過去記事 
 http://smilehug.exblog.jp/16706596/ 
  ↑母親の食べた脂肪が母乳になるまで。
 http://smilehug.exblog.jp/15546053/
  ↑乳腺炎が起きるしくみ




衛生状態・栄養状態というものは少しずつ変わってきているので、
本当に何が役立ったのかを評価するのは
案外難しいものの一つなのかもしれません。

by Dr-bewithyou | 2013-01-22 14:10 | 応援メッセージ:支援スタッフ | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31