よく泣く赤ちゃんは、泣いてもママに嫌われない!と安心して泣いているものです 

手のかからない子に手をかけて
というブログの記事を教えてもらいました。

d0063558_20345010.jpg



泣き続ける赤ちゃんに困らないでください。

赤ちゃんにはそれしか方法がありません。

抱っこしてほしいだけです。

抱っこして愛してくれる人がいることに気づいた赤ちゃんは、愛を知りながら大きくなります。


と言う優しい言葉が書いてあります。

赤ちゃんと言えども
泣いても大丈夫な人を相手にしたときにだけ
泣いて、自分の思いを伝えようと頑張ることが
できるのだと。


よしもとばななさんの古い小説で、、、
サンクチュアリなんかの時代に書かれたもので、
海岸であんまり悲しそうに泣く子に心惹かれて
泣き止むまで側にたたずんでいた、というのがあります。

その泣いていた子のお母さんが
「泣きたいときは思いっきり泣きなさい。泣いて良いから」と
その子にずっと言っているのだと。
昔なので、不確かな記憶になっていますが、
世の中は我慢しなきゃいけないことばかりなんだから、
泣くことくらいは惜しまないで、というようなお話でした。


このブログにもそのようなことが書いてあります。

いつの間にか、子どもたちは、声を立てずに泣くようになります。

人知れず、お母さんにも分からないように声を殺して泣きます。

それが成長の証です。

そんな日が、きっとやってくるのです。



泣く子にとって泣き止む事が幸せなのでなくて、
泣く子にとっては
泣きたいだけ泣かせてくれる人の
側にいることそのものに幸せを感じているのだ、と
言う風にも受け取れます。

子どもは,沢山泣きながら孤独や哀しみやいらだちなどの
マイナスな気持ちと折り合っていくことを身につけていくのだと。


泣き声に付き合い続けるのは、責められているような
時に申し訳ないような、自分が力不足なような、
悲しい気持ちに火をつけることも有るかもしれません。

だっこの1回1回、一晩一晩に、
抱っこしてくれるママやパパの腕の中で、
不確かな世の中だって捨てたものじゃないと感じている。

その1回1回の抱っこを確かなこととして感じているのは、
その子、一人一人にとってのかけがえのない宝物の時間です。



大人になったら、赤ちゃんはその夜のことを、
その一日のことをすっかり忘れていることでしょう。

ママはきっと覚えていても。

赤ちゃんが忘れていたとしても、
抱っこされて育った赤ちゃんのこころの根っこには、
ママやパパの愛情がしっかりと支えているのを、
いろんなシーンで見て取ることがあるものです。



泣く赤ちゃんに、泣ける安心を築いてあげたなら、
それは親としての素晴らしいプレゼントの1つと考えられる
という事になりそうです。

ママのお仕事は誰にも感謝されていないように見える日も、
子どもの心の中に愛情という大きな力を育てている、、、
と、今日は思えなくても、来週には思えるかもしれない。

もしかしたら、来年には思えるかもしれない。

そういうゆっくりした変化を持つものなのです。
焦らないで、赤ちゃんとの暮らしを過ごすことができれば
ちょっとだけ、幸せさの重さを感じられはしないでしょうか。
Commented by ちー at 2013-02-26 22:05 x
息子もよく泣きます。長くも泣きます。
でもいつの頃からか、腹減ったとか眠たいとかつまんないとか甘えたいとか「不満を言いたい」=とりあえず「泣く」なんだと実感したら、泣き声がおしゃべりに聞こえてきました。
泣き声と会話できるようになると、声は泣いているくせに涙が出てないことがあることに気づいてしまったりして楽しくなりました(笑)
赤ちゃんってかなりおしゃべりですね。
Commented by 亜衣 at 2013-02-27 08:07 x
昨日予防接種をした我が子はわんわん泣いていました。
いつもはあまり泣かなくて、うなることが多い2ヶ月の息子です。
あまりにもワンワン泣き続けるので、注射をされた痛みと驚きと空腹と色々重なっていたんだと思います。
痛かったね~泣いていいよ~と声をかけてあげると、なんと、泣きながら笑顔を見せていました(笑)
可愛くて愛しくて、おもしろくて…(笑)
(本人は必死(笑))
泣くことを覚えたのか、家でもさっきの痛みを思い出してか、何度か泣いていました。
Commented by かおり at 2013-02-27 12:40 x
2ヶ月頃の予防接種で大泣きした娘を抱っこしてあやしても延々泣き止まず…。
見かねた看護師さんが抱っこしてくれたらピタリと止りました。不慣れとはいえ凄くショックでした。
きっと表情にも出てたんだと思います。私の気持ちを看護師さんが察して『ママには甘えて泣き止まないんだよ』とさりげなく励ましてくれました。その言葉に救われたことを思い出しました。
先生のブログも、リンク先のブログもとっても優しい言葉で励まされます。
お世話に慣れていなくて不安な頃、お世話に疲れて途方にくれた時に寄り添ってくれるだけで励まされるママは沢山いると思います。
いつもありがとうございます。
Commented by Dr-bewithyou at 2013-02-27 16:15
ちーさま>
私も職場にいる赤ちゃんたちと会う度に、
赤ちゃんってお喋りさん、だと思います。

赤ちゃんの「ふにゃ~」に対して
日本語でリアクションするママもいるし
「ふにゃ~」と声のまねをする人もいるけど、
やはりママが反応しているおやこでは、よりよくお子さんも
良いタイミングで喋ったり、その場にあった表情をしているように
感じられます。

母親の我が子の声に対する素敵な思いを教えてくださって
ありがとうございます(*^O^*)
Commented by Dr-bewithyou at 2013-02-27 16:18
亜衣さま>
お子さんにとって、予防接種は痛くて辛かったけれども、
ママとの新しいコミュニケーションの形を経験して、
世界がちょっと広がったと言うお話、をありがとうございます。

お子さんに,ママの慰めの気持ちが届いたのが、
こんな風にはっきり分かるときは嬉しいでしょうね(*^_^*)
Commented by Dr-bewithyou at 2013-02-27 16:25
かおりさま>
育児する時には、そばにいて気にかけてくれる人がいればこそ、
ママも赤ちゃんとの関わりにも余裕が持てるのでしょうね。

かおりさまも、沢山、娘ちゃんの泣き声につきあった乳児時代を、
こうやって懐かしく思いだすようになってきたのでしょうね。

貴重な思い出を教えてくださってありがとうございます(*^O^*)ノ
Commented by カリオカ at 2013-03-13 22:09 x
子どもの心の中に愛情という大きな力を育てている、そう思えたらどんなに素敵で誇りを持って育児出来るでしょうね。何度も読み返しながら、世界中のお母さんがそういう気持ちで抱っこ出来ることを夢想しました。
Commented by Dr-bewithyou at 2013-04-10 15:15
カリオカさま>
コメントをありがとうございます。

成長することは子どもも親も、大変なときがありますよね。
それをただ大変な時間に留めず、
できれば宝物の時間と思えるような目線を、
子どもと育つ、親御さんに届けられたら、と願っています。
by Dr-bewithyou | 2013-02-26 20:26 | 応援メッセージ:ママ達へ | Comments(8)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30