母乳育児 中の赤ちゃんとの楽な添い寝、添え乳2 

先日、書いた楽な添え乳の姿勢(←クリック)の補足です。

夜泣きをする子に添い寝・添え乳が出来るとママも休めて
楽ちんです。



写真を診ただけでピンと来た方では
今日の記事の解説は不要かもしれませんね。

みんな一緒に見えた方、よく分からなかった方に、
ちょっとだけ解説をしましょう。


観察ポイントは2つです。

1:赤ちゃんと、お腹とお腹がくっついているか?
2:赤ちゃんのお鼻とママの乳首とが同じような高さにあるか?

という2つです。


1に関しては、母乳外来などで説明するときは、
開きの鯵状態で2人が寝ているのと、
まるのままの鯵のの状態で2人が寝ているのとを
想像してみて、、、と身振り手振りでお伝えするのですが、
、、、文字だと身振り手振りをお伝え出来ないので
よく分かりませんね。。。。(^◇^;)


2に関しては、写真に乳首と鼻の位置の関係が
分かるようにちょっと加工してみましたので
そちらをご覧下さい。


d0063558_16424585.png

お腹が離れて、赤ちゃんの鼻は乳首より頭の方にあります



d0063558_1643591.png

お腹が近づきましたが赤ちゃんの右腕がおっぱいとの間にあります



d0063558_16484061.png

赤ちゃんとママとはピッタリくっついています。
赤ちゃんのお鼻は乳首の高さです。




小さなポイント

◇1歳前後になると赤ちゃんの背も伸び、力も強くなります。
 ママの膝をけって、上に(頭の方に)行こう行こうとします。
 けられる前にそっと「ゴメンね」と足を払ってしまいます。

◇反対側のおっぱいをあげる時は赤ちゃんを反対にどっこいしょ
 と移動させるパターンと、
 そのままの姿勢で、反対のおっぱい、つまり上側のおっぱいを
 あげると言うパターンがあります。
 反対側にどっこいしょ、としている方の方が多いです。

◇前の記事でも書きましたが、
 お酒を飲んでいるとき、煙草を吸っているときには、
 添い寝、添え乳は行わないでください。
 その他の注意は楽な添え乳の姿勢(←クリック)を。

◇ママと赤ちゃんの背中にクッションやバスタオルを丸めたのを
 軽く当てるように置くと楽です。
 ママは壁にもたれると言う方法もあります。


もちろん座って授乳するときも、
赤ちゃんの身体が捻れていない姿勢の方がらくです。
赤ちゃんがうつむいていない方が飲みやすいです。
隙間がない方がおやこ共々楽です。
そこは変わらないです。


こういう方法を知っておいても損はないですよね(*^o^*)

どの子も、いずれ、自分で眠れるように成長していきます。
眠りにつくのが大人でも上手でない人がいますが、
その眠れない辛さを分かってもらえるおやと
一緒にいられる赤ちゃんは幸せです。


夜、暗いところに響く我が子の声が
自分に文句を言っているように聞こえるかもしれません。

でも、それはママにケチをつけているわけではないのです。
ママならなんとか助けてくれると頼っているのです。

d0063558_174197.jpg

椿は散っても椿、、、我が家の畑の椿です


人気ブログランキングへ
↑この記事がお役に立ちましたらワンクリックお願いします(*^^*)

「メディカルウーマン」></a><br />
<font color=「メディカルウーマン」に、参加しています。



記事や写真・イラストの無断転載はお断りします。
この2-3年よりも前の記事では内容がすでに古い可能性があります。
改訂などの管理が行き届いていないこともありますので
記事の公開時期にもご注意下さい。



about me:
平成24年4月からは、小豆島で、分娩に関わっていきます。

目標は「母乳育児支援を学ぶ会in四国第2回」。
まだまだ、道のりは遠いですが一緒に実現してくれる
仲間を募集しています






by Dr-bewithyou | 2013-04-10 17:02 | 赤ちゃんの能力 | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31