2017/6/17(土)~18(日)神戸で母乳育児支援の学習会

記事や写真・イラストの無断転載はお断りします

JALC主催の 第42回定期学習会は下記で行われます。
と き:2017年6月17日(土)~18日(日)
ところ:神戸国際展示場 2号館コンベンションホール
神戸市中央区港島中町6-11-1 TEL078-303-7516(場所についての問い合わせのみです) 
http://kobe-cc.jp/tenji/2_1.html

対 象:⺟乳育児を援助する専門家(助産師、看護師、保健師、医師、⻭科医師、栄養⼠など)をはじめ、学⽣、⺟乳育児⽀援団体認定リーダーなど⺟乳育児⽀援に興味のあるかたであれば、どなたでも
【プログラム】 
1日目
≪母乳育児の最新情報≫
 母乳育児の健康への効果     瀬川雅史(小児科医、IBCLC)
 母乳育児の生化学       戸田 千(産婦人科医、IBCLC)
 育児困難感のあるお母さんと 
    赤ちゃんへの援助    布川まゆみ(助産師、IBCLC)
2日目 
≪特別な支援の必要なお母さんと赤ちゃん≫
 周産期のメンタルヘルス
 (特に周産期発症のうつ病について)宮 貴子(精神科医、IBCLC)
 母体合併症(妊娠高血圧と妊娠糖尿病) 間瀬徳光(産婦人科医、IBCLC)
 「『母乳だけ』にはこだわらない」
    というお母さん       本郷寛子(カウンセラー、IBCLC)
 後期早産児とSGA        瀬尾智子(小児科医、IBCLC)
≪臨床現場でのホットトピック≫
 HIVとHTLV-1と母乳育児     水野克己(小児科医、IBCLC)
 高年初産のお母さんへの援助    渡邊和香(助産師、IBCLC)

【参加申し込み/お子さま連れでの参加】
詳細/事前申し込みは4/24から始まっています。
詳細は
学習会ウェブサイトhttps://jalc-study.jimdo.com/にて
ご確認下さい。情報は随時追加されます。


赤ちゃんに母乳をあげたい,と思ったために、

苦労してしまうお母さんが減るように、

健康で幸せに過ごせるように支援するのに役立つ

科学的根拠に基づく情報を二日間で学びます。


いつも神戸で遠いわぁ、、、と感じられる方も

いらっしゃるかもしれません。

参加人数が多く、会場費の制限があり

アクセスの良い場所として

現在は神戸で毎年開催していることに

ご理解をいただけましたら幸いです。


医師向けのセミナーも今年も11月には

東京で開催予定です。



私も今回はお話の機会を頂きました。

タイトルは生化学ですが、

食べた物がどのように母乳になるか?を

生化学として体の中で

どのような事が起きているかについて

お話しをさせていただきます。


最新のわくわくするけど難しい内容ではなくて、

基礎の基礎です。

授乳婦さんが健康でいるための食事を

理解し整理するきっかけになるような

話題を準備しております。


神戸でお合いできることを楽しみにしております。



d0063558_09185483.jpg



妊娠・出産  子育て 人気ブログランキングへ


 ←バナーを作って貰いました(*^o^*)




2-3年以上前の記事では内容がすでに古い可能性があります。 改訂などの管理が行き届いていないこともありますので 記事の公開時期にもご注意下さい。

about me: 坂出市立病院 産婦人科勤務
      (産婦人科医・外来のみ、H27年5月より)
      母乳外来も予約制で行っています。

2017年5月28日(日)に高松社会福祉総合センターで第二回目の四国母乳育児を学ぶ会を実施します。詳しくは↓




by Dr-bewithyou | 2017-05-06 09:27 | 応援メッセージ:支援スタッフ | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児(おっぱいライフ)の応援をしている産科医 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31