中日新聞掲載の母乳育児のコツについての記事の紹介

記事や写真・イラストの無断転載はお断りします

小児科医瀬尾さんのお話しする母乳育児のコツが新聞に載っています。
もしリンクが切れていましたら文末に元記事を載せています。


この記事の瀬尾さんは私も認定されているIBCLCに早くから認定されています。
日本国内だけではなくて、IBCLCを認定するための試験を行うIBLCEや
国際母乳学会(医師のみが会員になり得る学会=ABM)でも
活躍されている小児科医です。

科学・医学論文をどのように読み解くか,理解するかについても
色々教えてくださる,私も頼りにしているドクターです。

母乳で赤ちゃんを育てたいお母さん達に
是非,ご覧になっていただきたい記事です。





ここからは母乳で赤ちゃんを育てるお母さんと赤ちゃんに
接することのあるスタッフのみなさまに向けての言葉です。
蛇足だったら申し訳ありません。

守ってあげないと生きることさえ出来ない小さな命を預かって
必死になっているお母さんが頑張っている事を認めるのは
お母さんの育てる力を支えていくことになることでしょう。

一方で根拠のない気休めで慰めることも
お母さんをその時はホッとさせることができます。

さらに、それを利用してお母さんが
自分で工夫したり待ったりできれば,さらに自信に
繋がっていく可能性が生まれます。


お母さんの行動や選択を肯定することは
関わるスタッフから届ける事の出来る力のひとつです。

その時々で、お母さんは何をする事が出来るか、
どの部分は待つ必要のあることかを、
科学的に矛盾のない根拠に基づいた情報として
ゆっくりと過不足なく知る事ができるならば、
自己肯定感を持つ事が出来たお母さんは
次は自分で考えて工夫していけるようです。


母乳で赤ちゃんを育てたいと希望したお母さん達が、
その希望をより、気持ちよく実現することのできる
おっぱいライフを過ごせることを尊重できる
社会になるお手伝いを、私もしていきたいと思います。


d0063558_22282088.jpg


妊娠・出産  子育て 人気ブログランキングへ


 ←バナーを作って貰いました(*^o^*)




2-3年以上前の記事では内容がすでに古い可能性があります。 改訂などの管理が行き届いていないこともありますので 記事の公開時期にもご注意下さい。

about me: 坂出市立病院 産婦人科勤務
      (産婦人科医・外来のみ、H27年5月より)
      母乳外来も予約制で行っています。

2017年5月28日(日)に高松社会福祉総合センターで第二回目の四国母乳育児を学ぶ会は盛況に終わりました。みなさまのご協力に感謝します。







元記事

母乳育児、長続きのポイントは しっかり吸わせ量を出す
吸わせる角度を説明する瀬尾さん。顔は少し上を向かせ、口の中の天井に乳首が向くようにする=名古屋市千種区の星ケ丘マタニティ病院で
写真
 八月一~七日は「世界母乳育児週間」。母乳で育てると、赤ちゃんが病気に感染しにくくなり、母親も産後の回復が早まるなど、さまざまな効果があることが知られるようになった。しかし「母乳が思うように出ない」と悩んだり、授乳中は我慢しないといけない食べ物があると言われたり、ストレスをためる母親は多い。スムーズに始め、長続きさせるポイントを専門家に聞いた。
 「脂っこい食べ物で母乳の通り道の乳管が詰まることは一切ない。何を食べても大丈夫。ただ貧血や骨粗しょう症を防ぐため、鉄やカルシウムは十分取って」
 今月上旬、名古屋市千種区の星ケ丘マタニティ病院で開かれた「プレママおっぱい教室」。母乳育児支援に努めている小児科医、瀬尾智子さん(61)の話に妊婦十人が耳を傾けた。参加した一人は「甘い物は控えないといけないと思っていた。ストレスをかけないことの方が大事と分かり、気が楽になった」と話した。
 厚生労働省の二〇一五年の乳幼児栄養調査では、母乳だけで育てられている赤ちゃんの割合は十年前より増加したものの、生後一カ月で51%、三カ月で55%。一方、妊娠中に「母乳で育てたいと思った」と答えた母親は九割を超えており、希望よりも結果は少なくなっている。母親や赤ちゃんの事情で続けられないケースもあるが、瀬尾さんは「本来七~八割の赤ちゃんは母乳だけで育てられるはず」とみている。
写真
 
十分な量の母乳を出すには「赤ちゃんに吸ってもらうこと。しかも産後早く始めるほどいい」と言う。母乳を作るのは乳房にある乳腺。出産を終え、赤ちゃんをつないでいた胎盤が体の外に出ると「おっぱいのスイッチ」が入り、母乳が作られ始める。一方、赤ちゃんは生まれて一時間もたたないうちから自分で乳首を探り当てて吸う。すると、母親の脳に吸われた刺激が伝わり、母乳を作るホルモンが分泌される。
 母乳が本格的に出るのに四十八~七十二時間ほどかかるが、焦る必要はない。出生時の体重が十分な赤ちゃんの場合、その間の栄養を持って生まれているからだ。口を動かしたり、手を吸ったり。赤ちゃんのサインに合わせ、欲しがるだけ吸わせる。これを頻繁に続けると、乳腺から脳に多くの信号が送られ、母乳の量も増えてくる。
 もう一つのポイントは抱き方と飲ませ方。最初は赤ちゃんも不慣れで授乳時間は一回三十分、一日計六時間にも及ぶ。背もたれを倒せるいすなら倒し、背中や腰にクッションを当てて楽な姿勢を取る。おなか同士がくっつくように抱き、赤ちゃんの下あごが乳房に付くと、赤ちゃんは自分で吸い付いてくる。母親が前かがみになると赤ちゃんの口は離れてしまう。
 瀬尾さんは、薬や食べ物の影響についての質問をよく受ける。母親が薬を飲んでも、母乳から出る量は極めて少なく、抗がん剤など一部を除けば、ほとんどの薬が影響ないとされる。カフェインはコーヒーで一日二~三杯、授乳が三時間以上空いてきたら、ビールも缶一本、ワインならグラス一杯まで大丈夫という。
 母親が最も悩む「母乳が足りているか」との疑問には「(赤ちゃんが一日に)おしっこ六回、うんち三回していれば足りている」と瀬尾さん。「いつまで続けたらよいか」と聞かれたら「免疫が発達してくる二歳すぎまで続けるのが理想的」と答えている。免疫は母乳を続ける限り、赤ちゃんに届く。仕事復帰で断乳する母親が多いが「やめてしまうと病気をもらいやすくなる。夜だけでも続けると、赤ちゃんの安心感にもつながる」と助言する。
 (小中寿美)


by Dr-bewithyou | 2017-07-31 22:35 | 応援メッセージ:ママ達へ | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31