乳児との おっぱいライフとtwitterは相性がいい

d0063558_21392853.jpg
↑悪戯書きしました

赤ちゃんとの生活は夜も昼もなく続いていきます。
赤ちゃんが泣き止まないのも夜ともなれば
ふっと心配になる事もあるのではないでしょうか。

・・・足りてないのかな
・・・調子が悪いのかな などなどと。


twitter世界に仲間入りしてから、
乳児との暮らしにtwitterは相性が良いなと
私はたびたび、感じてきました。

もちろん、
文章を書いたり読んだりするのが好きだったり、
苦でなかったりするのが前提ですが、
夜中の三時でも赤ちゃんの夜泣きに困っていても、
twitterワールドには同じように困った人がいるのです。

私は情報の確かさを示すために
名前をアップしていますが、
匿名で利用している人も多いです。


総務省には情報通信白書という情報もあります。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/pdf/
平成27年版情報通信白書(PDF版)を
コピー&ペーストで見る事が出来ます。

沢山の情報があるのですがその中には
SNSに関する調査も載っています。
d0063558_22095694.jpg
↑twitterとFacebookの利用者数

d0063558_22104050.jpg
d0063558_22111021.jpg
↑利用目的
色々な情報があって興味深いので
お時間があれば
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/pdf/
をご覧になってみてください(PDF書類)。

人と繋がりたい、悩みを解決したい
という人たちが集まっています。

授乳中の人と語りあいたいとか、
他の人がどうしているか参考にしたいときは
ハッシュタグという文字列を使うと便利です。
「 #junew 」を例にとってみると
◇検索する場合は「#junew」「#母乳育児」を
 検索の虫眼鏡の欄に入力します。

◇tweetの中ではスペース+半角文字の#+半角ローマ字の言葉+スペース
またはスペース+半角文字の#+日本語の単語+スペース
で投稿しておくと,他の人が探してtweetを見つけやすくなります

私も最初の頃はよく使っていたのですが、
文字数をとられるので最近はあまり使っていません。

お母さん同士で仲間内のハッシュタグを使って
交流している人も沢山います。
登録は不要で自分で作る事も、
人が使っているものでも興味があればつかうのは
基本的に自由です(こだわりのある人も
いるので、絶対的に自由ですとは書けませんが)。

母乳育児に関しては英語圏の方が
科学的な根拠のある情報が多いので英語OKなら
「 #breastfeed 」「 #breastfeeding 」
は役に立つ情報に出会いやすいです。


ちなみにtwitterはアカウントを持っていないと
中身を見る事が出来ないです。
アカウント名をつけるのに悩む方もいると思いますが、
使う名前もアカウント名も自由に変えられます。
(変えると伝えないとお友だちがびっくりします)

自己紹介とアイコン(自分を知らせる画像)とは登録した方が良いです。
自己紹介とアイコンのない人にフォローされたとき、
私を始め多くの人がブロックすることがあるからです。
アイコンはイラストや、似顔絵、ペットの写真を選ぶ人も
少なくないです。人の絵や写真は著作権・肖像権にふれることが
ある事は理解しておいた方がいいでしょう。
 ※ブロックするとお互いに内容を読むことは出来なくなります。

どんな人がフォローしているのか、
どんな人にフォローされているのかはネット世界なので
用心している人が沢山います。

自己紹介に書いておくと分かりやすい物。
 趣味のkeyword。育児中ならお子さんの誕生月、お子さんの数。
 仕事を書く人も書かない人もいます。
 ブログを持つ人は,リンクさせている人も多いです。


140文字というのは,文章を書く人間には
結構便利な文字数です。
短い文章を書く練習にもなります。

フォローした人が多くなると
勝手にホームのタイムライン(画面)に
tweet(つぶやき)が集まってきます。
検索で言葉を選んで記事を探す事も出来ます。


災害の情報は早いものが多いです。
信頼出来る情報として平常時に
警察や消防,市役所など官公庁をフォローしておくのは
いざ,ヒヤッとしたときに結構便利です。

匿名で使えますが,安易に顔や
個人情報の分かる写真や地名,言葉は使わない
ネット社会の基本的なマナーは
twitterも同じです。
(GLAYのボーカルは以前は携帯電話番号を書き込むという
大失敗をやらかして後のフォローをしていました。)


「そうだね」「あぁ、わかる!」と
同じ思いをしている人に出会えるのは
一人じゃないという気持ちがもてます。
そうすることで肩の力が抜けることもあるのです。

育児の合間にスマホやタブレットでも出来ます。
文字を書く事や読むことが億劫でない方には、
こういう息抜きや、前に踏み出す勇気を得る
機会も、楽な育児を助けてくれることもあるでしょう。

なお、、、
変わったアカウント名だったり、
いかにも物みたいな名前がついていたとしても、
その文字の向こうには人間がいます。

いわゆる「タメ語」をつかっても
相手の方が了承していれば構いませんが、
人間に対する最低限の敬意をもって
語ることはお忘れ無く(*^o^*)


↓アカウント登録はこちらから。

d0063558_23062603.jpg







記事や写真・イラストの無断転載はお断りします
医療的な事を扱うため個々の症例の質問への回答は
責任を持てないため、基本的に行っておりません。
妊娠・出産  子育て 人気ブログランキングへ


 ←バナーを作って貰いました(*^o^*)




2-3年以上前の記事では内容がすでに古い可能性があります。 改訂などの管理が行き届いていないこともありますので 記事の公開時期にもご注意下さい。

about me: 坂出市立病院 産婦人科勤務
      (産婦人科医・外来のみ、H27年5月より)
      母乳外来も予約制で行っています。

2017年5月28日(日)に高松社会福祉総合センターで第二回目の四国母乳育児を学ぶ会は盛況に終わりました。みなさまのご協力に感謝します。




by Dr-bewithyou | 2017-08-25 23:08 | あると便利なもの | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31