★「妊娠しました。何に気をつけて生活したら良いですか?」

このブログは、
赤ちゃんと暮らす人のお困りの解決を目指していますが、
同時に赤ちゃんを授かった人にも参考になる記事もあります。

タグ「妊娠・出産」がありますが、投稿記事が多いため
妊娠初期のつわりなどで体調がスッキリしないときには
調べにくくなっているので、
いくつかの記事をピックアップしてみます。

とにかくこれは最低限知っておきたい情報は
内閣府のリンク集をまずオススメします。
直接、「結婚・妊娠・出産・育児の切れ目ない支援」
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/kiremenai/link_list/index.html
↑コピペしてURLに飛んで下さい。
を開くのもいいですが、「ネットの海に、、、」に
どのような内容があるか解説しています。
(葉酸、風疹、妊婦健診、がん検診をはじめ
お金の話やお産、育児の情報の
信頼できるリンク先が1カ所で確認出来ます)

育児情報などはまだまだ誰かがお金儲けをするのに
人を不安にさせる情報が検索するとまず目に入ります。

なので、分かりにくくても、とにかく、
大きな誤りの少ない内閣府のリンク先からご覧下さい。
分からない所を調べるやり方ですと、
とんでもない話題に心を掴まれて、
結果的に困ったことからのがれるのに
遠回りすることになるのを防ぎやすいと思います。


災害に出会った時


つわりの時
→妊婦さん向けの使いやすい記事はありません。
急に尿の量が減ったり、体重が減ったりするならば、
通院している産婦人科に受診しましょう。
いつも通りのおしっこの量と体重とが保たれているときは
つらくても赤ちゃんへの影響は考えずに、
ムリをしないように気をつけて食べられる物を
食べやすい形でとっていれば大丈夫です。

→つわりに対して、スタッフ向けの記事


妊娠中の薬
妊娠中に使える薬も多いのですが、
ロキソニンやイブなどの鎮痛剤は胎動が分かるくらいからは
赤ちゃんの循環器への影響があるので、
湿布も含めて使えません。

↓使える薬の情報は以下です。
インフルエンザワクチンは打つ事が出来ます。

薬。Yes?or No?

妊婦に抗インフルエンザ薬は?(2010年投稿でやや古いですが特に大きな変化はないです)

妊娠中のタバコの害の、新しい情報(2009年投稿でやや古いですが内容としては大きな変化はないです)



赤ちゃんの栄養について
↓簡単にまとまったものとしては
 このリーフレットたちが便利だと思います

赤ちゃんを母乳で育てるために役立つリーフレット3種類


↓授乳姿勢は実際に我が子を抱いてみないと
ピンと来ませんが、それでも生む前に
ぬいぐるみなどで試してみておくのも安心です。



↓知っておいて赤ちゃんと出会うと
苦労が減るであろう情報です。
まとめなのに沢山で、ごめんなさい。

母乳を出すための産後すぐの生活は?


↓産前に読んでおくと、焦らずに済む情報を集めました。

↓お父さんの役割



↓これはスタッフ向けになりますが、
お母さん達もより詳しく知りたいときには役に立ちます。
他の施設はどうなのかを検討するのに役立ちます。
d0063558_22574357.jpg





記事や写真・イラストの無断転載はお断りします
医療的な事を扱うため個々の症例の質問への回答は
責任を持てないため、基本的に行っておりません。
妊娠・出産  子育て 人気ブログランキングへ


 ←バナーを作って貰いました(*^o^*)




2-3年以上前の記事では内容がすでに古い可能性があります。 改訂などの管理が行き届いていないこともありますので 記事の公開時期にもご注意下さい。

about me: 坂出市立病院 産婦人科勤務
      (産婦人科医・外来のみ、H27年5月より)
      母乳外来も予約制で行っています。

2017年5月28日(日)に高松社会福祉総合センターで第二回目の四国母乳育児を学ぶ会は盛況に終わりました。みなさまのご協力に感謝します。




by Dr-bewithyou | 2018-01-13 23:02 | どこを読めばいいの? | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31