傷が出来てしまったとき

タグの「痛い」でも何回か取り上げていますが、乳腺炎ではなくて、乳首にいわゆる乳頭亀裂と言う傷が出来ることが有ります。

お母さんなんだから、痛いのは我慢しなくっちゃ!と、口内炎くらいになるまで頑張ってしまったお母様にも何人かであったことが有ります。本当に母は強し(;_;)だとしみじみ思うのですが、感心している場合ではないですね。どうしたら、潰瘍が出来るほどに悪化した傷と向きあえるか、ですね。

【原因と最初の対策】
多くはおっぱいの出る場所とおっぱいを飲むために赤ちゃんがくわえている場所がうまく、合っていないことが原因となるようです。(歯が生えてきてからの問題は、また別の機会に(^。^)。歯が有っても、基本は同じなのですが赤ちゃんに知恵が付いている所が問題をちょっと複雑にしていますので)

おさらいです。おっぱいのでる場所は乳首の突出した場所ではなくて、昔「乳管洞」と言われていて、今は解剖的にそのような場所はなく、乳管が集まった場所つまり、肌色と色の濃い部分の境目のちょっと奥を圧迫することでおっぱいが産生し始めるサインになります。そこをできるだけ深くくわえさせるのですが、、、コツがあるんです。
抱っこのポジショニング(おへそが天井を向かないようにぴったり巻き付けて抱っこできていますか?)と、くわえる角度や深さ場所を見つけていけると良いのですが、以外とコロンブスの卵ですので色々工夫してみたらいいかと思います。2−3cm、赤ちゃんの頭を動かすだけでも随分と痛み方や乳汁の出方が違うものです。


d0063558_10195984.jpg



お分かりになりますでしょうか、可笑しい図だけどこれを描くのは大変だったんですから(笑)。

この「↓マーク」の場所辺り(辺り、というのはやはり個人差は有ります)を規則的に圧迫することで乳汁が産生されます。深さは鼻やほっぺがくっついて大丈夫です。赤ちゃんが窒息したらぐたっとして色が黒くなるのですが、、、その前に必ずフガフガもがきますのでその時に呼吸をさせてまた戻してあげたら全然大丈夫です。ピンク色の綺麗な色でご機嫌なら、ちゃんと呼吸は出来ています。そして、上下対称よりも、下が深い方が大抵の方はたくさんのおっぱいが出ます。たくさん出ると、要らない力がママの肌にかかることも減ってきます。また、哺乳瓶でミルクも飲んでいましたら、飲み方が違うために傷を赤ちゃんのべろが潰瘍の部分をこすって痛みが強くなることがしばしば観察されます。カップやスプーンの使用も一つのいい方法かと思います。(1日に紙おむつでおしっこが6枚分以上出ていたならば赤ちゃんは干からびていませんから、ミルクをやめてしまうのも一つの方法です。授乳回数を増やすのが4−5日続きますから、うんと痛い時には搾ったおっぱいをカップで足す方法も有ります。)



【合併症と対応】
痛いだけですむ人がほとんどですが、つねに傷が有ると感染の問題は気にかけておきましょう。手洗いは有効ですからしっかり手洗いをして(1分間の流水手洗いでほぼすべての手に付いた雑菌は除去出来ます)雑菌を付けないことが大切です。雑菌と言っても多くは皮膚の常在菌で、おっぱいそのものにも殺菌物質は入っていますから、赤ちゃんに感染を起こすことはHIV等、特殊な病気のママ以外では心配は要らないです。
ただ、いつも雑菌がキズの近くに有るとどうしても乳腺炎等を起こす可能性が高くなりますので早く治ることが好ましいです。

文献を読んだのではなくママたちの訴えを聴いてきた経験から、マミーパッドは繊維の硬さが刺激になることと、多くは化学的に漂白された材料を使っていること、母乳と言う脂肪分を含む液体につねに接触していることで調べたことはないのですが製品化する時の接着剤などは本当に赤ちゃんに全く問題がないのかが気にかかるところですので(布ナプキンを使うと月経の匂いも気にならず痒みの出方も全然違うので、同じように不織布を使うマミーパッドも何か身体に刺戟になっている印象が有ります)、痛みのある時は特に乾いたガーゼのハンカチやタオルが安心です。
松並木さんの母乳パッドや、オーガニックコットンの商品を扱っている所に色々なパッドが有るので、おしゃれさんは色々検索してみてくださいね。

痛みの強い時にはステロイドの外用をお勧めしています。痛みの強い時には外用薬を塗ってその上にサランラップを当てて傷の保湿とステロイドの効果を保ちます。(塗りすぎるとカンジダなどのカビがつくので、医師の指示に従ってくださいね)


【その他のコツ】
痛みが強い時には乳首を冷やして授乳したら楽な人がいます。ピアスの穴を開けるのに氷で耳たぶを冷やして開けた記憶がある方にはピンとくるでしょうか。(氷を直接当てないように注意しましょうね)
逆に、蒸しタオルやシャワーで乳首を温めてから授乳すると乳管が開きやすいために要らない力がかかりにくく楽な方もいらっしゃいます。どちらが良いのか、是非試してみてください。

乳首の回りをほぐして、つまりreverse pressure softening法をしておっぱいがぽたぽた落ち始めてから授乳出来ると痛みが楽になります。まず痛くない方を授乳し始めて(両方のママでなければ)、痛い方からぽたぽた落ち始めたら、赤ちゃんをささっとずらしてみると言う方法も有ります。


新生児だとまず大丈夫ですが、テレビがついていてそれに気が散っている赤ちゃんは、変な姿勢でおっぱいをくわえることが多いです。テレビも授乳中には切って赤ちゃんのかわいい瞳をのぞき込んでみませんか。






今、痛いのにがんばって授乳している、その「おっぱいをあげたい」と言う気持ちはとても素晴らしいですね>^_^<。お母さんは凄いです。
赤ちゃんもママもおっぱいから貰えるたくさんの宝物は、「吸い出した分だけ分泌する」と言う性質のおっぱいと付き合う上ではたゆみなく授乳すると言う行動がなくてはならないものです。おっぱいの成分自体に傷を治す力がある事も、自然の一つの偉大な奇跡かと思います。

授乳が痛くないように気をつけることも身勝手なことでなくて長く授乳するための大切なコツです。一日も痛みが引くことを願っております。
Commented by mie☆ at 2007-06-08 01:15 x
今まさにオッパイが痛いです(;_;)
1回、乳腺炎かと思い受診して違うかったのですが、またその痛みです… 歯がはえてきて噛まれたからかなとも思ったのですが、傷はなくオッパイを触ると痛い感じ。きっと痛い所をきちんと吸えてなかったんですよね…先生のおっしゃる通りくわえさせ方が悪いんだと思います。。。反省。
添い寝オッパイの時など気付いたら体は離れ乳首のみをくわえ引っ張る感じで飲んでます。いい方法はありますでしょうか?

私の友達が住んでる所には母乳外来なるものがあって驚きました。母乳育児のママ達には強い味方だなぁと思いました。
Commented by Dr-bewithyou at 2007-06-08 07:13
mie☆さま>
出張前に取り急ぎ。

良くおっぱいのくわえ方を観察していますね(^-^)v
痛みはいかがでしょうか。本日は午前中のみの、
外来の日なのと、明日、私は不在なので、
痛みが有るようでしたら午前中に来院してくださいね。

>母乳外来
必要さは切々と感じてます。痛みとか熱とかのない、
病気ではないちょっとした悩みの解決の場。
さらに、お母様同士が目を合わせて交流する場。
もっと贅沢に、疲れたママが赤ちゃん共々お泊まりして、
美味しいものを食べて、専門家のまなざしの元で、
赤ちゃんだけに専念するおやこデイケアみたいな設備。。。
有ればいいなあ、と言うものはたくさん有りますね。
・・・あ、取り急ぎ、と言いつつ(笑)

痛みが引くよう、祈っております。
Commented by もん at 2007-06-09 23:41 x
乳頭亀裂のお話、懐かしく拝見させていただきました。まだ二年前のことですが・・・
私は母乳の出が非常に悪く、ミルクを足しながらも、30分おきの授乳をしていました。
出が悪いはずなのに、なぜかしょっちゅう白班ができていました。
いつも辛うじて乳腺炎は免れるものの、しこりと乳頭亀裂が痛くてつらくて、でも飲ませないと詰まってしまうし、娘の飲みも上達しないし、と、飲ませる角度を様々に変えてみたり、下唇を引っ張ってアヒル口にしたりと、無我夢中でした。
結局、完母になるまで六ヶ月を要しました。

もうすぐ二歳になる娘は、大食漢ですが、未だにおっぱい大好きです。
まだまともに話せる単語は僅かですが、その中には勿論、「おっぱ」もエントリーしています。
夕食後、ニヤニヤしながら寄ってきて「おっぱ・・・」と囁く姿に、仕事帰りで殺気立っていた気持ちも安らぎます。
元々子供がたいそう苦手な私のこと、この母乳を通したつながりがなければ、今のように娘ときちんと向き合うことはなかったと思います。

長文になりました。失礼しました。
Commented by もん at 2007-06-09 23:56 x
書き忘れていました・・・
マミーパッドは私も合いませんでした。
助産師さんにも、マミーパッドは(1)蒸れて炎症を起こしやすい上、(2)赤ちゃんの口に繊維がついた場合エグエグしてしまう(とおっしゃっていました。天然の繊維と異なり、化繊はうまく取り除けないという意味らしいです)、という理由でやめるように指導されました。
代わりに小さく畳んだガーゼさらしをブラにはさんでおくようにアドバイスいただいたのですが、これだけでもかなり乳頭亀裂は緩和されました。
確かに生理用ナプキンでもしばしばかぶれることがありますよね。
Commented by mie☆ at 2007-06-11 19:01 x
出張前のお忙しい時にありがとうございます。
痛みの方ですがしこりと痛みだったので、前回診察に伺った時に(前にも乳腺炎かと思い受診しました)先生がして下さったように、搾乳?というんでしょうか・・・乳腺開通マッサージ?とお薬ダーゼンで何とか良くなりました。良かったのかわかりませんが・・・

いつも思っていたのですが、先生が母乳育児に熱心になられたのは、なにかきっかけがあったのですか?
機会があれば教えて下さい。
Commented by Dr-bewithyou at 2007-06-26 00:55
もんさま>
貴重な体験談をありがとうございます。

白斑も乳頭亀裂も、痛かったでしょうね。
それでもおっぱいを諦めなかったそのたくましさは、
赤ちゃんのこころにきっと大きな贈り物として刻まれたことかと思います。

子供が苦手だったのに、痛みを乗り越えるための様々な工夫をして
赤ちゃんの希望に沿おうとしたそのお返しとして今、
>「おっぱ」
と、ママを見つめる可愛い視線が育ってきたのだと思います。

マミーバッドの体験も、教えて頂きありがとうございます。
Commented by Dr-bewithyou at 2007-06-26 01:04
mie☆さま>
自分で問題を解決出来たのですねヽ(^O^)ノ
痛くないようにコントロール出来ることも、
大切な技術です。
無事、乗り越えられたのは素晴らしい体験だと思いました。

母乳育児への熱心さ。。。
そう思って頂いているのですね。ありがとうございます(*^_^*)。
ただただ当たり前なことが当たり前に出来ることの
邪魔をしたくないだけ(^。^)、、、と、私は思っているのです。
笑ったり泣いたりしながら成長して行くママたちと赤ちゃんたちに
出会えることは、とても幸せなことですから。
Commented by かおり at 2013-03-10 22:42 x
先生こんばんは。
ここ1週間おっぱいというより乳首の根元あたりがとても痛く、初めて授乳が怖く思いました。
ポジショニング&ラッチオンがおかしくなっているんだと思い、大袈裟なくらいの密着を意識してみたものの、浅のみ癖が思うように行かず痛いままです。亀裂はないのですが腫れて、所々小さく膨れてます。どうしたものかと思い先ほどの寝かしつけの際、おっぱいの左右を押して口を開けた所を狙って押し込んだところ痛さが全然違いました!これですね!
問題は寝ぼけていない時はくわえ直しされてしまいそうな予感です(笑)
平日昼間は授乳しないのでロコイド&ラップで良くなりますか?
Commented by かおり at 2013-03-10 22:51 x
復帰して3ヶ月が過ぎ、最近昼間搾乳しなくても平気になってきました。
早くても一歳半できれば二歳頃まで続けたいと思うのですが、今の様子だと娘が満足するまで時期まで出し続ける自信がありません。朝方の授乳で満足する量でないのか泣くことが増えました。
量は気にせず搾乳で刺激を与えるのは有効でしょうか?
今は帰宅から出勤までの間で5~4回です。
Commented by Dr-bewithyou at 2013-04-10 15:02
かおりさま>
随分、遅いお返事になってごめんなさいね。
遅くなったのでもう解決するか、卒乳を選択するか、、、
しているかもしれませんが、お返事です。

娘ちゃんは自分流で飲みたいのだけど、
自分流に飲んだのでは多分、沢山の母乳が口に流れ込むのは難しい
状況なのでしょうね。

搾乳は量が少なくても、娘ちゃんの口が届かないところに
刺激を与えたり、「乳房を空にする」機会が増えるので、
長く母乳を出すのには効果的です。

かおりさまは、娘ちゃんのペースに根気よくつきあってきたことは
揺るぎない事実です。

復職後も、新しい環境に、おやこ共に慣れる事が出来たのも、
お産後の授乳に苦労していた時期から考えると、
しっかり成長してきた2人なのが伝わってきます。

思い通りに行くことも、思い通りに行かない事も、
すべて一生懸命考えて選んだものならば、
どれもかけがえのない選択なのではないでしょうか(*^o^*)

ほんとうに、よく頑張っていらっしゃるなあ、と私は
思いながら、いつもコメントを読ませていただいています( ^o^)ノ
by Dr-bewithyou | 2007-06-03 11:15 | 問題発生 | Comments(10)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31