妊娠しているときのインフルエンザワクチンは?

妊婦へのワクチン使用制限撤廃へと,エキサイトニュースに記載がありました。



今までは、妊娠している方のインフルエンザワクチンは
器官形成期を過ぎてから使用していました。

ただ、アメリカのCDCでは、
以前より妊婦さんは,感染のリスクが高いために、
不活化ワクチンと言って,
実際に活動能力のあるウイルスは使用していないワクチンなので、
妊娠している人はワクチンを率先して利用する対象としていました。

このたび、日本の厚労省
もそれに準じる対応を開始したようです。
(注:気をつけるべきこととして、
   妊娠しているときにどのワクチンも打てるというのではなく、
   インフルエンザワクチンに関しては、打てるのだ、
   と言う点につきまして、お気をつけ下さいね。)





まだ,新型インフルエンザワクチンが
どこでどのくらいの人が接種できるのかは未知数です。

また季節性のインフルエンザワクチンの生産は、
新型インフルエンザの影響で少なくなるかもしれないのだと、
情報元はまだ確認していませんが耳にしました。


妊娠している時、ワクチンは?
出産している時,ワクチンは?
と、心配な時、
厚労省のサイトには、
最新の情報がアップされていると考えて大丈夫そうです。


JALCサイトでも、今,急いで、
授乳中のインフルエンザ感染のときの対応を改訂中です。

現在の日本での,マニュアルは日本産婦人科学会のものなどがありますが、
未知のウイルスから、いかに児を守るか、に重点が置かれています。

もちろんそれは大切です。



でも、赤ちゃんの免疫能力の多くは母親由来の、
抗体だったり、リンパ球をはじめとする白血球だったりが、
受け持っています。
授乳を止めたことによる児へのリスク。。。が
ありそうなことは想像に難くありません。

また、搾母乳を取ることが難しかったり、
重症化すればインフルエンザ以上に問題を起こす乳腺炎は、
授乳を止めることで悪化したりことに対する対応も不明です。

まだまだ,発展途上のマニュアルなのだ、と思われます。


まずは,予防。

これは,おそらく最後まで変わらない対応の一つとなりそうです。


規則正しい生活。
人ごみをさけること。
こまめな手洗い。
うがいには,インフルエンザ予防効果は薄いのですが、
風邪などの予防には水道水は有効です。



人気ブログランキングへ
↑この記事がお役に立ちましたらワンクリックお願いします(*^^*)




元記事 2009年10月17日 07時53分
妊婦へのワクチン使用制限撤廃へ インフルで厚労省
 妊婦を含む優先対象者への新型インフルエンザワクチンの接種開始を前に、厚生労働省は17日までに、現在は原則として妊婦への接種を制限している新型と季節性の両ワクチンの添付文書を、使用を認める内容に改めることを決めた。18日に開く調査会で議論を詰め、正式決定する。接種を受ける人や医療機関の負担を減らすため、複数のワクチンを一緒に打つ「同時接種」が可能なことも明記する。

by Dr-bewithyou | 2009-10-17 22:39 | 情報メモ | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30