妊娠初期の花粉の赤ちゃんへの影響

情報メモです。


妊娠初期の「花粉」が、子どものアレルギーと関連 フィンランド研究  : AFPBB News

という記事です。
理由については、10~11月生まれは、胎児の成長において
重要な時期である妊娠11週目に大量のカバノキ、ハンノキの
花粉にさらされたためではないかと見ている。


という考察なのだそうです。

おっぱいライフ応援団としては、母乳率と、
アレルギーの関係に興味が湧くところです。
フィンランドは母乳率の高い国ですから母乳率は変わらないのでしょうか。


と、情報元のサイトをたどってみましたが、どうも登録しないと
abstructしか
読めないので、
ネットからはニュース以上の情報は得られないようです。


季節それぞれの温度が、、、とか、
花粉とか、、、現在も、
色々な分野で、色々な研究がされているというメモでした。



人気ブログランキングへ
↑この記事がお役に立ちましたらワンクリックお願いします(*^^*)



「メディカルウーマン」></a><br />
<font color=「メディカルウーマン」に、参加しています。




おしらせ:
平成22年4月から活動拠点を松山市から
香川県高松市に移動しましたm(_ _)m
同じ思いでお産を見守る助産師さんとの出会いも
あったらステキだなあ、と思っております。








元記事。

【10月20日 AFP】子どものアレルギーリスクは、妊娠3か月目までの季節と関係している可能性があるという研究結果が、20日の英医学専門誌「Journal of Epidemiology and Community Health」に発表された。

 フィンランド・オウル大(University of Oulu)の研究チームは、同国南カレリア(South Karelia)県で2001~06年に生まれた子ども5920人のうち、4歳までにアレルゲン皮膚テストを受けた961人に注目した。

 陽性反応が出たのは、10~11月生まれでは10%と、6~7月生まれの2倍だった。10~11月生まれでは、特に牛乳と卵に対するアレルギー反応が強かった。

 理由については、10~11月生まれは、胎児の成長において重要な時期である妊娠11週目に大量のカバノキ、ハンノキの花粉にさらされたためではないかと見ている。これらの花粉の飛散量が1年で最も多いのは4~5月だ。

 反対に、飛散量が最も少ないのは12~1月。アレルギー反応が最も弱かったのが6~7月生まれであることと符合する。

 赤ちゃんが妊娠初期に胎内で強力なアレルゲンに触れると、免疫系の発達に影響を及ぼす可能性があるが、そのメカニズムは不明だ。

 スウェーデン、日本、オランダの研究者らも、これまで、北半球の秋冬に生まれた子は、春夏に生まれた子に比べ、湿疹やぜんそくに似た喘鳴(ぜんめい)にかかりやすく、血中の抗原レベルも高いとする研究結果を発表している。(c)AFP

Commented by そめ at 2010-10-23 06:41 x
abstructだけでも、読んでみようかな〜。と、思いました。時々、あちこちで母乳や成長発達の話題がでてくるのは、世の中のいい傾向なんですね。きっと。
Commented by Dr-bewithyou at 2010-10-24 06:58
そめさま>
abstructには母乳のこと、触れられていないでしょ?

寒い季節に産まれたら授乳が辛くて、
ミルクを飲ませたとかないのかな、と、
興味を持ったのでした。

最近、とみに、胎内環境に関する研究の話を
耳にするようになっているみたいですね。
いい傾向ですよね。
Commented by そめ at 2010-10-25 01:10 x
foot allergenって書いてあるのに、交絡因子には、母乳ははいっていないのが不思議。コホートなんだから、聞き取りでできた調査なのだろうにねえ・・・。研究評価としては、どうでしょう?★★でしょうか?5★のなかで。(偉そう!私)私も、いろいろ英文の情報時々拾っています。先日は、USのワシントンポストのまとめサイトなんかに、興味深いのがあったけど、あまりいい情報ではない事もあるので、こういうのを、選別できる様にして行く訓練は、必要ですよね。
Commented by Dr-bewithyou at 2010-10-25 18:34
そめさま>
これは、新聞から拾ったんです。ネットニュース。
英語論文は、すっかり億劫になってしまっている。。。
反省です。

でも、母乳のことに触れずにアレルギーのことは、
データとして不十分ですよね。
by Dr-bewithyou | 2010-10-22 20:02 | 問題発生 | Comments(4)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31