予防接種のわかりやすい説明

これはお父さん向けの産科医の
http://health.goo.ne.jp/column/healthy/h002/0156.html
↑の記事は、ワクチンに苦手意識を持つ私にも、
とても理解しやすい文章でした。

マスコミの報道は、
ワクチンでこんな副作用が出ました!と言う形を取ることが多いですが、
時には、ワクチンと因果関係が不明な問題まで、
ワクチンのせい、と解釈してしまうようなタイトルを
使っていることが多く、必要以上に、ワクチンへの
恐怖感を煽っているものが多いのは医師である私の目から見たら
残念なことのひとつです。

ワクチンには確かに副作用があります。
10万人に何人かは、命に関わる副作用が出ることもあります。

でも、ワクチンを打たなければ、
その病気で死んだり大きな障害を残す病気に対して、
ワクチンは開発されてきています。

また、幼稚園や保育園、学校などで、
多くの子どもが集団発生し、治療の手段もないままに、
重篤な障害を残す子が増える事も防ぐ事が目的とされています。


twitterでは、ワクチンに詳しい小児科の先生や、
感染症の研究をなさっている先生のtweet(140文字以内の記事)では、
様々な、「ワクチンで防げたはずなのに、、、」という
問題を見る事が出来ます。


同時接種を行わない現状ではかなり緻密にワクチンの計画を
たてておかないとすべてのワクチンを受ける事が難しくなるので、
お産の前に既にある程度予定を立てておいた方が良い、と、
書いている記事も目にしました。

「日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール」
も一つの参考になるかと思います。

かかってしまってからでは間に合わない。
だから、必要なワクチンのこと、
ご夫婦でよく検討、学習して赤ちゃんをお迎えしましょう。



人気ブログランキングへ
↑この記事がお役に立ちましたらワンクリックお願いします(*^^*)



「メディカルウーマン」></a><br />
<font color=「メディカルウーマン」に、参加しています。




about me:
香川県高松市の産科クリニックに勤務していますm(_ _)m
ハグブログに共感する思いでお産を見守る助産師さんとの出会いも
あったらステキだなあ、と思っております。

目標は「母乳育児支援を学ぶ会in四国第2回」。
まだまだ、道のりは遠いですが一緒に実現してくれる
仲間を募集しています



一番上のブログの下↓についている宣伝は
エキサイトが勝手に選んでつけているものです。私の推薦ではありません。


by Dr-bewithyou | 2011-11-06 14:33 | 情報メモ | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30