母親と新生児とが共有する時間、経験

d0063558_20294438.jpg




お産の後の産院での生活を母子同室で過ごしたお母さまと、
母子別室で過ごしたお母さまと。

1ヶ月検診の時期に母乳だけで育児している割合がかなり違います。
母子同室の方が、母乳だけで育児する母親が多いです。

それは母子同室の生活が母乳の出る仕組みに添っていることや
赤ちゃんが新しい生活を学習する過程での障害物が少ないことは
明らかな影響を与えている部分です。




あと、お話しをするお母さまの表情が気のせいか、
違うように感じることがあります。

母子別室のお母さまは、、
お産で痛い経験をしたのに3時間ごとには授乳までしてるのに
母乳だけでは足りなくてミルクを使う可哀相な私、、、。
、、、というオーラを持つ人がちょこちょこいらっしゃいます。

母子同室のお母さまは、、
眠くてつらそうな顔でも
赤ちゃんのお世話ができてるスゴい私だし、
自分で泣き止んだスゴい赤ちゃんが自分の子供。
、、、と、誇らしい気持ちのオーラを持つ人がほとんどです。


可哀相な私でいることと
スゴい私でいることとは、
自分が選択した行動と、その結果、たどり着いた
「当たり!」の経験値が違うのも明らかです。

経験値の差に心が影響を受けていることも考えられます。




赤ちゃんを産んで
病気のためではなくて、産後は「休むべき」と信じていたために
母乳が出るのが遅れたり、哺乳時のトラブルに見舞われたりした
母子別室のお母さまにも、
自分の中に居るスゴい自分!を感じられるように応援するのも、
私たち母子医療保健スタッフの役割として期待されたとしても
赤ちゃんと母親とがお互いに歩み寄る時間や経験の代わりに
果たしてなることができるのでしょうか。


これも一つの課題と思いつつ、、、
それはブレーキを踏みながらアクセルを踏むような
くたびれもうけの状況を想像してしまいます。



ちなみに母乳育児のための10箇条は、英語では
10STEPS
と表現されるそうです。

一つ一つのステップが行き渡るのにはまだまだ
長い時間が必要な時代なのかもしれないです。




人気ブログランキングへ
↑この記事がお役に立ちましたらワンクリックお願いします(*^^*)



「メディカルウーマン」></a><br />
<font color=「メディカルウーマン」に、参加しています。




about me:
香川県高松市の産科クリニックに勤務していますm(_ _)m
ハグブログに共感する思いでお産を見守る助産師さんとの出会いも
あったらステキだなあ、と思っております。

目標は「母乳育児支援を学ぶ会in四国第2回」。
まだまだ、道のりは遠いですが一緒に実現してくれる
仲間を募集しています



一番上のブログの下↓についている宣伝は
エキサイトが勝手に選んでつけているものです。私の推薦ではありません。


Commented by 4児のママ at 2011-12-10 19:19 x
10stepsの話を高知母乳の会で瀬尾智子先生から聞いたとき、そうか!と目からウロコでした。私の妊婦サークル、階段10段目から取りかかってるのね!そりゃ、効率的じゃないし、うまくいかないわよ~。多くのお母さんの「苦労」は私の力不足じゃないわ!
11日、母乳学習会に行きたいのですが、子どもの鼻水を心配してくれている夫に、これくらい大丈夫よ~とにこやかに出発できないでいます。11日は3人目の誕生日でもあり、夕食は夫が仕事が終わってから手作りお好み焼きしてくれる予定です。振り返りますと、夫の協力があってこそ、母乳育児の継続できています。家族の協力が育児の楽しさを感じる瞬間の多さ、その大きな後押しになっている事実があります。感謝でございます。
とは言っても、いきなり・・・学習会に向けて車を走らせてしまうのが私・・・。
Commented at 2011-12-10 19:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Dr-bewithyou at 2011-12-11 09:45 x
4児のママさま>
私は10STEPめ、、、を望んでいて、
4児のママさまは残り9STEPsを望んでいて、、、
どちらも揃っている地域は四国ではまだ少ないでしょうね。

一段、一段、、、と、焦らずに参りましょう。

今日、行きたい!と、思ってくれてありがとうございます。

お子さんの鼻水が楽になって
いきなり車を走らせてきてもOKですから、連絡だけ、
携帯かtwitterのDMかで下さいませ~。

三人目のお子さん、お誕生日おめでとうございます。
Commented by Dr-bewithyou at 2011-12-11 22:03
2011-12-10 19:21 鍵コメさま>
ありがとうございます^^
by Dr-bewithyou | 2011-12-09 20:20 | 応援メッセージ:支援スタッフ | Comments(4)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30