1月29日は徳島で助産師さん対象の母乳育児支援のお話

本日1月20日(金)が締め切りですが、
徳島で母乳育児のお話を助産師さん対象で行います。

http://tokushima-midwife.com/kensyu.html
に申し込み先の記載がありますが、
平成23年度第3回研修会のお知らせ

 助産力アップ! 新生児~乳時期までの母乳育児支援のポイント

目的:助産力アップのために新生児~乳時期の保健指導とケアのポイントを
習得する

ねらい:今回の助産力アップ研修会シリーズは、母乳育児支援に焦点をあてる。
母子関係の重要性が再認識されている社会情勢の中、母乳育児を推進し、その重要性と具体的方法を広く指導しておられる香川県の産婦人科医より、母乳育児のポイントを学ぶことで、助産力アップを図る。

日時:平成24年1月29日(日)13:30~16:00 (受付13:00~)

会場:徳島大学医学部 青藍会館 大会議室

参加費: 会員2,000円 非会員4,000円

とのことです。


おっぱいライフ支援は、
私は、半分ライフワーク、半分趣味∈^0^∋、、
と思って関わってきているのですが、
産科医全体に、お母様達は、どのようなおっぱいライフ支援を
求めているのでしょうね。


産科医は忙しくて、今以上に、新たに母乳育児支援のために
手をかけることはできない。

産科医は貧しくて、ミルク会社の助け無しにはやっていけない。

、、、、その意見が、もの凄く正しい意見として、
現在は採用されているのを、色んなシーンで感じつつの
おっぱいライフ支援です。


産科医はお産に関わるし、
お産の前後というのが母乳分泌のゴールデンタイムである、
と言うことを思うと、もっと普通に、
産科医にとっても母乳育児支援は当たり前な医療の一環として、
捉えてもらえる世の中を育てていきたいものです。

ゆっくり、のんびり、絶え間なく、、、、(*^_^*)



人気ブログランキングへ
↑この記事がお役に立ちましたらワンクリックお願いします(*^^*)



「メディカルウーマン」></a><br />
<font color=「メディカルウーマン」に、参加しています。




about me:
香川県高松市の産科クリニックに勤務していますm(_ _)m
ハグブログに共感する思いでお産を見守る助産師さんとの出会いも
あったらステキだなあ、と思っております。

目標は「母乳育児支援を学ぶ会in四国第2回」。
まだまだ、道のりは遠いですが一緒に実現してくれる
仲間を募集しています



一番上のブログの下↓についている宣伝は
エキサイトが勝手に選んでつけているものです。私の推薦ではありません。


Commented at 2012-01-22 02:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Dr-bewithyou at 2012-01-22 14:21
2012-01-22 02:57 鍵コメさま>
お返事、ありがとうございます。

具体的な事が決まって、参加人数が足りないときには、
勝手なことを言いますが、
参加のお誘いをするかもしれません。
(アドレスは控えさせていただいています)
その時にはよろしくお願いいたします。
Commented at 2012-01-27 00:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Dr-bewithyou at 2012-02-01 17:10
2012-01-27 00:28 鍵コメさま>
1年半ぶりに授かった赤ちゃんも、
出産後は24時間母子同室でそばにいて抱きしめてあげたいと、
お考えなのですね。赤ちゃんにその歓迎の気持ちを伝えるのに、
母子同室を希望している素敵なママさんですね^^

そこで徳島の助産師さん達に尋ねてみましたところ、
「徳島の公立病院はほぼ24時間母子同室が出来るのでは?」との
お答えを頂きました。

まだ、母乳育児支援に慣れていなくて発展途上の病院も
あるかもしれませんが、
一人目におっぱいライフを経験しているママならば、
再度、まっさらなところからスタートするし、
上の子と、下の子とでは、
おっぱいの飲み方も違うことがある事を理解して、
「初めまして(^^)/」という気持ちで赤ちゃんに接することが
できれば、24時間同室できる環境があるだけでも、
安心して産めるのではないでしょうか(*^▽^*)?

是非、次のお子さんとも、
楽しいおっぱいライフの物語を育てていってくださいね。
Commented by まあちゃん at 2012-02-07 14:01 x
コメントありがとうございました。

すごく参考になりました。
私の勝手な思い込みで、
公立病院こそ別々で過ごすイメージがありました。

本当にありがとうございました。
また、問合せてみたいと思います。

また『初めて』の気持ちでおっぱいライフを楽しめるように産まれてから出来るだけ一緒に居たいと思います。


楽しみの反面、ちょっと不安もあり、ドキドキですが、命の誕生はやっぱり素敵な事なので、一瞬一瞬を大事にしていきたいです。


また、先生のブログを頼りにおっぱいライフを楽しめるように参考にさせていただきます。

継続することは大変と思いますが、ブログがあり嬉しかったです♪♪

また楽しみにしています。
Commented by Dr-bewithyou at 2012-02-10 13:42
まあちゃんさま>
私も同じように感じていたので、助産師さん達に、
「ほんとうですか?」と尋ねてしまいました(^0^;)

開業の産院も「赤ちゃんと一緒にいたいんです♪」と
笑顔(*^o^*)で希望するお母様が増えてきたら、
だんだん変わってくるだろうと信じています。

お腹の中にいるうちから、
上のお子さんと赤ちゃんに話しかけたりして、
命の誕生の日々を大切に過ごしていってくださいね。
どんなお子さんが今度は生まれてくるのでしょうね。

>継続することは大変と思いますが、
ありがとうございます。
こちらこそ、毎度毎度、長文のブログに
愛想づかしせずにお越しいただけて嬉しいです^^

書くことは大好きなので、まだまだこのブログは続きます♪
すでに800以上の投稿があり、
読む方が大変だろうと少し思っているのですが(´-ω-`)。。。
by Dr-bewithyou | 2012-01-20 01:07 | 応援メッセージ:支援スタッフ | Comments(6)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30