#母乳育児 の支援は防災活動の一つ

日付が変わって3月11日。。。。311の日になりました。

甚大な震災や津波によって
命を落とした多くの方のご冥福を祈ります。

そして、
その日から長い苦労の時間を過ごしてきた被災地の皆様に、
今も心からお見舞いを申し上げます。





先日のIBCLCの研修会のワークショップで
たまたま同じグループになったのは仙台の
歯科医の先生と、助産師さんでした。

BFH(赤ちゃんに優しい病院)では、
お母さん達が「この状態でも我が子を何とかして守りたい」と
必死な思いで赤ちゃんを育んだために、
ミルクを使う人がぐっと減ったと。


でも、また、母乳育児支援の手が薄い地区が
東北にはたくさん有り、そのような土地のお母様達は、
「ストレスで母乳がとまる」とか
「ミルクを飲ませた方が安全」というような、
根拠のない、、、でも、もの凄くもっともらしい
情報に振り回された人も少なくなかったとも、
別の機会に伺ったこともあります。


私も、色々な場所で、母乳育児のお話に呼んで貰いますが、
3月11日を越えてからは、
出来るだけ災害時の母乳育児に関する情報や、
ミルクで赤ちゃんを育てている人への「カップ授乳」の
情報に触れるように気をつけてきた一年でした。

当ブログのトップ記事に固定してある
http://smilehug.exblog.jp/13196374/
の記事の中には、被災した方へのお見舞いの言葉も、
残ったままですが、
大切な内容なので変更をほとんど加えていません。



母乳が出始めるのがゆっくりのお母様がいます。
また、
沢山出る母乳を飲み取るのがうまくいかずに
直接に飲めるようになるのに時間が必要な
赤ちゃんもいます。

そのような親子で、
搾った母乳やミルクを使っているときに、
避難所生活が始まったときにもカップ授乳は役に立ちます。

もう少し月齢が進んで、ミルクと混合栄養の場合、
ミルクメインでないならば、ライフラインの復活する4-5日を、
母乳だけで切り抜けることも出来ますが、
ミルクだけで育児している母親や、
ミルクがメインの育児をしている母親では、
母乳だけの栄養では不十分になる可能性が高いです。

今、ミルクは割と早く避難所に届くようになりました。
でも、ほ乳瓶がとどきません。消毒薬もとどきません。
だから、貴重なミルクやほ乳瓶を、
母乳だけで育てているお母様が使わずにいることで、
ミルクだけで育っている赤ちゃんにより
たくさんのミルクやほ乳瓶が届きます。

母乳だけで育てているお母様には、
とにかく安全に授乳だけしておける環境を守れば、
一時的な心労から母乳が減っていても、
母乳の量は必ず戻ってきます。

子どもを抱きしめることは、母親の心もいやします。



これからもトップ記事の
当ブログの地震時の母乳育児の記事まとめ:捜し物に
は、そのままで固定しておきます。

地震で、、、または、水害で避難所に行くことになったとき、
この記事のことを思い出していただけたら、
何かの力になってくれるのではないか、と願っています。

災害に遭わずに済むのが一番ですが、
自然は人間の手で完全にコントロールすることは
出来ないことには目をつぶるわけにはいかないですよね(>_<)



避難所では携帯の電池も貴重な場所で
私のブログの文章の長さは、実は迷惑な長さです。
きっと「次ページ」のリンクを辿るだけで
どんどん電池を使ってしまうので、
文頭に携帯のリンク先をまとめてあります。

ラ・レーチェ・リーグのサイトでは、
地震発生の時以上に、放射線被害の情報が出たときの、
アクセス数が昨年は、急上昇していたのだ、と、
統計をとっていらっしゃいました。

JALC http://www.jalc-net.jp/も、
災害時など、平常でない状態になった時、
赤ちゃんを育てている親御さんにお役に立てる情報を、
出来るだけ早くアップできるように、
多くの会員が対応していく準備をしています。




大きな地震には、もう来て欲しくないけれども、
それは私たちのコントロールの及ばない事です。

私たちに出来ることは、「まさか」の時に、
無事に乗り越える知恵と、その知恵に注ぐことのできる
情報の集め方を身につけておくことも、
そのうちの一つではないでしょうか。






人気ブログランキングへ
↑この記事がお役に立ちましたらワンクリックお願いします(*^^*)



「メディカルウーマン」></a><br />
<font color=「メディカルウーマン」に、参加しています。




about me:
香川県高松市の産科クリニックに勤務していますm(_ _)m
ハグブログに共感する思いでお産を見守る助産師さんとの出会いも
あったらステキだなあ、と思っております。

目標は「母乳育児支援を学ぶ会in四国第2回」。
まだまだ、道のりは遠いですが一緒に実現してくれる
仲間を募集しています



一番上のブログの下↓についている宣伝は
エキサイトが勝手に選んでつけているものです。私の推薦ではありません。


Commented by まこ@ベビマ保健師 at 2012-03-11 21:12 x
いつも読ませていただいています。
母乳育児に関して、とてもわかりやすいので
いつも楽しみにしているんですが、
今日は防災関係のことで、紹介させていただきました。

事後承諾ですみません。
もし訂正等した方がよければ、書き換えますので、
おっしゃってください。
Commented by Dr-bewithyou at 2012-03-14 20:24
まこ@ベビマ保健師さま>
コメントと、リンクとをありがとうございます( ^o^)ノ

大切な情報ですので、
お母様達に知って貰うことはとてもありがたいです。

地震や津波、台風に襲われないのが一番ですが、
災害を完全に避けることは不可能ですよね。
by Dr-bewithyou | 2012-03-11 01:15 | 問題発生 | Comments(2)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30