高松市保健センター入り口の母子像

d0063558_1422956.jpg

写真は高松市の保健センターの入り口の彫像です。

最初、気づいた瞬間は
「あ!素敵♪」
と思ったのですが、すぐに違和感が涌きました。
「?」


そばに寄ると赤ちゃんと母親との視線が合っていませんでした。

赤ちゃんは母親に密着せずにお腹は上を向いていて
顔は母親に向かわずに角度としては
2時の方向くらいを見つめています。


母親は赤ちゃんを抱いていると言うよりも、載せているような状態です。
視線は赤ちゃんの顎あたりに向けられています。

母親を形作る線は柔らかく、赤ちゃんを包み込んでいるから、
パッと見た瞬間には優しさに溢れて見えるけど
どうも母親が幸せそうに見えなかったのも
違和感のもとだったのかもしれません。


ふと、ほ乳瓶を赤ちゃんがくわうていたら、
視線の角度などにもっと自然な印象をもったかもしれないとも
思いました。


授乳中の像を置いたならば、母乳が出ない人が可哀想、という、
行政的な「優しさ」なのでしょうか。




一方で屋島寺の狸大明神の母子像は授乳中で
ポジショニングも良好なさり気ない姿だったことを
思い出したのでした。
by Dr-bewithyou | 2012-03-18 14:02 | 応援メッセージ | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30