アクセスランキングから見た母乳育児の悩みどころ(2014年2月)

昨日のアクセスランキングです。
d0063558_08024616.png

アレルギー、飲酒、ミルクの使い方、食事制限、
痛み、赤ちゃんの体重。。。
この辺りが、赤ちゃんを育てるお母さんの関心事なのが
現れていると思います。

母乳を赤ちゃんにあげる人が増えてきて、
ママ自身のQOL(生活の質)と赤ちゃんの健康との
兼ね合いに気を配る人が増えてきている現状も
反映しているのではないでしょうか。


しばしば書いているのですが、
育児は辛くて当たり前と言うのが行き過ぎて、
育児は辛くないといけない、母はがまんしてこそという
流れになる事も少なくないところがあるようです。

実際、夜中に起きてお世話が必要だったり、
泣いているから何かを求めているのに親としては
理解出来なくて切ない思いをする事があったり、
どうしてもなくすことの出来ないものもあります。


一方で、根拠のないものでありながら、
母親の耐えるべき難行苦行として普及しているものがあります。

授乳する母親に求められる極端な栄養制限。

痛みのある授乳。

一滴たりとも許されない完全な禁酒。

ここには含まれていませんが1歳になったら
心を鬼にして行うべき断乳(卒乳は赤ちゃんが決める事です)。

そして、先日に書いた、アレルギーのため、
子供が欲しがるのに固形物を与えないこと。
http://smilehug.exblog.jp/20350929/

に対しても関心が高いのが伺えます。
(twitterでフォロワーの多い方が記事を紹介してくれた 
 おかげでもありそうで、感謝しています。)


他の記事にも関心がありましたら、ブログ内検索が、
PCやスマホでは充実していますのでご利用下さい。
フィーチャーフォン(いわゆる携帯)では
検索機能は今ひとつ使い勝手がよくないので、
ご不自由をおかけしていますm(_ _)m

↓昨日の島の雪
d0063558_08331844.jpg
d0063558_08331471.jpg











妊娠・出産 子育て
人気ブログランキングへ 
↑この記事がお役に立ちましたらワンクリックお願いします(*^^*)
記事や写真・イラストの無断転載はお断りします。 

この2-3年よりも前の記事では内容がすでに古い可能性があります。 改訂などの管理が行き届いていないこともありますので 記事の公開時期にもご注意下さい。

about me: 平成24年4月からは、小豆島の産婦人科医療に関わっていきます。

目標は「母乳育児支援を学ぶ会in四国第2回」。 まだまだ、道のりは遠いですが一緒に実現してくれる 仲間を募集しています

Commented at 2014-02-15 21:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Dr-bewithyou at 2014-02-17 15:34
2014-02-15 21:26鍵コメさま>
卒乳のタイミングに関して、周りの方と意見が異なるためにご自身の卒乳の考えに対して少し自信が揺らいで不安になって情報を集めていらっしゃるのですね。
母乳を長くあげたいと決めたことも周りの人がそこまで言うならば、もう一度勉強し直そうとしたことも、赤ちゃんの健康を思えばこその行動として素晴らしいと思いました。

私が学んできている情報では早く止める利点は虫歯予防のことくらいです。それも、永久歯と生え替わる乳歯の虫歯のためだけに早期離乳を勧める考えには疑問を示す情報が多いようです。

分かりやすい説明は下記のものがあります。母乳育児支援ネットワーク http://bonyuikuji.net の金のリボン運動 http://bonyuikuji.net/?p=889 
当ブログの「タグ」>「卒乳」にも新しい情報を集めています。

文化人類学的には世界での母乳育児期間は平均4年なのだそうです。
おっぱいを貰って可哀想なお子さんがもしいるとしたらそれは1歳を超えたのにおっぱいしか貰えない幼児だけではないでしょうか。周りの家族やお友だちと上手に、コミュニケーションを取りながら納得できる卒乳の物語を描いてくださいね。
Commented by mamabifrost at 2014-02-18 17:28
コメントに対して応えていただきありがとうございます。とってもうれしく励みになりました。息子が今日もおっぱいおいしい、といいながら笑っている姿を見て やっぱりこれでいいんだと安堵しました。
Commented by Dr-bewithyou at 2014-02-19 15:00
mamabifrostさま>
(*^o^*)
育児の中でも、圧倒的に正しいといえるやり方の決まっているものは
案外、それほど多くないのですが、たった一つの方法が、
普及している情報もまだ沢山有りますよね。

そういうどちらを選べば良いのか悩むような情報に出会う度に、
こうやって、どちらを選ぶとより赤ちゃんに役立つのか
と考えていけるお母さんが増えると、情報もだんだん、
怪しいものが減っていく面も有るかもしれませんよね。

お二人の幸せなおっぱいライフを願っております。
Commented by Miamama at 2015-04-15 06:57 x
初めてコメントさせていただきます。15週の娘がいます。母乳が多めの混合です。最近娘のおならが非常に臭いのが気になります。うんちのペースは3〜4日に一回です。保健師に相談したところ何を食べているのか聞かれました。特に食事制限はしていないのですが、やはり母親の食事が原因なのでしょうか。海外に住んでいて、特に食事については言われないのでバランスは気を付けていますが何でも食べています。お時間あるときにアドバイスいただけるとうれしいです。ネットではたくさん情報がありすぎて不安にばかりなる中、先生のブログで救われたことがたくさんありました。ありがとうございます!
Commented by Dr-bewithyou at 2015-06-12 16:54
Miamamaさま>

すっかり遅い返信で、ごめんなさいね。

赤ちゃんのおならやウンチの匂いに影響するものとして、
調べたことはないですが、
赤ちゃんの腸内細菌叢(さいきんそう)の種類の方が、
母親が何を食べたか、大きく影響するように思います。

ビフィズス菌主体の腸内細菌と
大腸菌などの菌が多い腸内細菌とでは、
腸管の中の環境が少し変わってきます。

赤ちゃんがご機嫌で体重も増えていて、
明らかに水みたいな下痢であるとか、極端に白いとか、
血液の混じった便であるとかでないならば、
匂いの変化は赤ちゃんの健康に大きな影響はないことが
多いのではないでしょうか。

もちろん、離乳食を開始すれば、匂いは変わります。
母乳の成分の差は僅かですが、食物を取り始めると、
その差はおならやウンチの匂いに影響していくことになります。

ネットの情報の中で、少しでも妥当な情報を探しているのですね。
これからも、そういうお母様方の
ご期待にこたえられる情報を発信していきたいと思います。


by Dr-bewithyou | 2014-02-15 08:34 | 探し物は何ですか? | Comments(6)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30