赤ちゃんを抱っこするときに役立つもの

赤ちゃんが日に日に重くなっていくと抱っこも一仕事。
そんな時に、赤ちゃんを楽に抱っこするための抱っこひもも
様々なものがあります。

スリングという名前を聞いた事があるでしょうか?

もしかしたら
スリングだと赤ちゃんの股関節に負担がかかるという
ネガティブな情報を受け取ったことがある方も
少なくないかと思いますが、私のお友だちが書いた、
安全に使うための情報がわかりやすいのでご紹介します。

Sariの母乳育児おさらいノート「スリング」
http://mina2012.blog.fc2.com/blog-entry-76.html
が、その記事です。

赤ちゃんの股関節がMの字になるように、
どうやって使うかを書いてくれています。

抱っこひもを安全に使う事が出来ると、、、、
・両手が使えます。
・肩から背中にかけて広い範囲で赤ちゃんの体重を
・受け止めるので、軽く感じます。
・もちろん、肩こりや腰痛がひどくなりにくいです。

でも、楽ならOK!ではないのです。
 もう一度書きますが
安全に使う事」に心を配ってくださいね。

では安全のために何に気をつけたら良いのでしょう
・赤ちゃんの呼吸のしやすさ
・赤ちゃんの骨格や筋肉に負担のかからない姿勢
・観察(赤ちゃんを入れっぱなしにしたままではなくて、
 ちょこちょこ覗いたり触ったりして、苦しそうにしていないのを確認します)

それらが分かりやすく書かれた
Sariの母乳育児おさらいノート「スリング」
http://mina2012.blog.fc2.com/blog-entry-76.html
を是非、ご参照ください。


今は、色々な抱っこひもがあります。

それぞれに特徴がありますから、
使用の際には、かならず取扱説明書をよく読んで、
安全に使うための観察ポイントを掴んだ上でご使用くださいね。


d0063558_175458.jpg





妊娠・出産 子育て
人気ブログランキングへ 
↑この記事がお役に立ちましたらワンクリックお願いします(*^^*)
記事や写真・イラストの無断転載はお断りします。 

この2-3年よりも前の記事では内容がすでに古い可能性があります。 改訂などの管理が行き届いていないこともありますので 記事の公開時期にもご注意下さい。

about me: 平成24年4月からは、小豆島の産婦人科医療に関わっていきます。

目標は「母乳育児支援を学ぶ会in四国第2回」。 まだまだ、道のりは遠いですが一緒に実現してくれる 仲間を募集しています

by Dr-bewithyou | 2014-02-28 17:05 | あると便利なもの | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30