妊娠したときの年齢が上がると流産率も上がるという論文

流産についての情報メモです。

流産という悲しい出来事が、実は、
案外沢山の人が経験しているものだという数字です。
数字は数字なのですが、ここで語られているのは、
「流産は誰が悪いわけでもなくても起きうるものだ」
という事実でもあります。

○○しなかったから流産したとか、
△△したから流産した、、、といって、
流産に遭遇した自分を責めないでいいのです。
という妊娠のはらむ事実を表現している数字達です。



↓にタイトルの論文を紹介したぶろぐからの情報を書いています。
情報元は
「リプロダクションクリニック大阪」の松林秀彦先生のブログです。
生殖医療(不妊症・不育症)の先生です。

d0063558_18295206.jpg

1978-1992年のデンマークでの大規模な前方視調査の結果です。

大規模な調査が可能な理由などもブログには記載されています。
日本ではこのような調査をしようとしても、
すでに廃院になっている産科も少なくなく、
アンケートなどでデータをとるしかないので、
現状ではこの規模の日本での前方視調査は中々難しいと思われます。

ちなみに
前方視調査というのはデータの取り方の一つの形です。
その論文をどのように信用するかを判断するときの根拠にしますが、
カルテなどを参照に調査出来る後方視調査よりも
より精度の高い調査法の一つと私は理解しています。

統計学に詳しい方、間違っていましたらご指摘ください)
d0063558_09465156.jpg
↑はスクショですので、松林先生のブログで
解説とともに確認して下さい。



どこからが危険という事を示すことは出来ませんが、
妊娠していて、準備無しに鉄人レースに出るとか、
日本縦断ドライブを運転手1人で敢行するとか、
妊娠せずに行っても体調を崩すようなこともあります。

妊娠がわかっても普通の生活で大丈夫です。
でも、ご自身が不安になる行動を出来るだけ減らすことは、
後で「あの時こうしていたら」」という後悔を
生まないために役立つ事でしょう。

情報メモでした。

妊娠・出産  子育て 人気ブログランキングへ

 ←バナーを作って貰いました(*^o^*)

記事や写真・イラストの無断転載はお断りします。

この2-3年よりも前の記事では内容がすでに古い可能性があります。 改訂などの管理が行き届いていないこともありますので 記事の公開時期にもご注意下さい。

about me: 平成24年4月からは、小豆島の産婦人科医療に関わっていきます。

目標は「母乳育児支援を学ぶ会in四国第2回」。 まだまだ、道のりは遠いですが一緒に実現してくれる 仲間を募集しています

by Dr-bewithyou | 2015-04-12 10:04 | 情報メモ | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30