母乳の量は出ただけ、出しただけ増えます: スタッフ向け

d0063558_01105852.jpeg

支援スタッフ向けの記事です。


一回の授乳でも初めはタンパク質メインの成分。
後になるにつけ脂質が増えます。

腺房腔(乳汁が作られる袋状の場所の内側)が
空になることがサインになって
作られる量が増えます。
実際は空になるまで飲ませることはないと言われています。

出すほどに出る量が増えます。
ただし、数日間は必要です。


所謂、乳房マッサージは、効果的な搾乳操作です。
一回分の授乳を人為的に行うと理解できます。
効果的な搾乳ならば母乳を増やすきっかけにはなり得ます。

ただ、せっかく搾った母乳が、
タオルに吸われて洗濯機に捨てられているのが
赤ちゃんの口に入らないのは、悲しいことです。。

赤ちゃんの授乳姿勢やタイミングの情報提供が
同時になされていることを期待します。
マッサージ同様に、または以上に、
カウンセリングや、親子毎に異なる
適切な選択肢の提示は、母親が自分で問題解決するために
有効ですから、カウンセリングだけでマッサージなしで、
費用を請求することは、妥当なことと考えれます。
(マッサージについて、追記)


赤ちゃんは学習して母乳を飲めるようになります。
沢山作られていても、飲めるようになるのに
時間がかかる子どもは珍しくないです。

痛くない授乳はオキシトシンを増やし、
度々の授乳が苦になりにくいです。
姿勢は、おかあさん達が自分で工夫出来るので
工夫の仕方の情報提供は役立ちます。
いつものLAYLAちゃんと学ぶ授乳姿勢↓



5分毎の時間制限が痛みを改善する可能性はありますが
授乳姿勢の変更なしに時間だけを制限することでは
以上の情報から母乳の量が増える説明はつきません。

貯まった母乳を飲む訳ではないため
授乳姿勢が適切ならば、度々の授乳で量が増えます。
3時間開ける、、、はどこから出てきた数字か不明ですが
逆に、作られる量が減る可能性を作りかねません。


上記のグラフはTwitterのアンケートです。
回答したのが支援者かどうかもわかりません。
戸田のフォロワー中心ですから、元々、
赤ちゃんの栄養や母親の楽な生活に対して、
学んでいる人が多い上に、
回答のヒントをリンクしてます。

900名くらいがtweetを見て、
リンクを見たのは20名くらい。
投票は94名です。

昔ながらの、根拠が不明な
3時間毎に5分毎の授乳で指導する
助産師さんや看護師さんが
Twitterをしている可能性が低いのかもしれません。

ネット世界には誤った情報も多いので
ネット世界の情報リテラシーなしに使わない方が
安心かもしれないのですが
ネット以外のリアル世界でも
新しい情報に触れる機会がないのなら
問題は根深いものになります。

新しくて吟味された情報を支援者が
共有するためにも、
おかあさん達の感想や
母乳をあげ続けられた期間の確認は
意識して行く必要がありそうです。


このアンケートを行った理由が
母乳外来で時間授乳によると思われるトラブルを
抱えた方が続いたためでした。


母乳を増やすための方法だと言って
逆に減らす方法が普及することを
徐々にでもなくして行くのに何が必要か
気をつけていきたいです。


d0063558_02001479.jpeg



妊娠・出産  子育て 人気ブログランキングへ

 ←バナーを作って貰いました(*^o^*)

記事や写真・イラストの無断転載はお断りします。

この2-3年よりも前の記事では内容がすでに古い可能性があります。 改訂などの管理が行き届いていないこともありますので 記事の公開時期にもご注意下さい。

about me: 坂出市立病院 産婦人科勤務 (外来のみ、H27年5月より)

四国でIBCLCに認定されるための継続教育単位の出る学習会の第1回目は宇多津で無事に終了しました。
興味のある方で参加出来なかった皆さまのために、2回目も設定できるよう準備していきたいと思います。

by Dr-bewithyou | 2016-05-04 02:08 | 応援メッセージ:支援スタッフ | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30