母乳をあげたいとおもっているお母さんたちに♪ (ラ・レーチェ・リーグのメッセージのご紹介)



↑のリンク先 https://llljapan.org/message04.html は
母の日に向けて、ラ・レーチェ・リーグから、
お母さんたちに向けて出されたメッセージなのです。

母の日にアップされた記事ですが、
ご紹介が1日遅れてしまいましたが、
是非ごらんください。


多くのお母さんと供に歩んできた
ラ・レーチェ・リーグならではの視点で
頑張っているお母さんを
照らしている文章だと思いました。



言葉として完母といわずに
「母乳だけ」という使い方をすることで
ホッとするお母さんもいれば、
残念に思うお母さんもいることとは思います。

だけど、どんな風に育児したか、
どんな風に心を砕いたかは、
どれがよくて、どれが悪いと言う風には
決して言えないものなのです。

これから赤ちゃんを迎えるときに
「何で」子供を育てるか?の選択は
とても大切な選択です。

とは言え現在のところ、
母乳で子供を育てるためには
社会自体にいろいろまだ発展途上の部分があります。
だから思いがけず、沢山の人が
母乳だけで子供を育てることの
ハードルを高く感じているのが
今の日本です。

そこにあっても「母乳をあげたい」と
思った気持ちが尊重されることは
母親をエンパワーメントするのに
必要な大切な物になります。


結果として何で育てたか?というのはは、
歩いて来た足跡でもあります。

実際に歩いた時の足跡だって
きれいに残るばかりではないです。
雨の日には泥だらけになるし、
せっかくの足跡が雨水に流されて
にじむかもしれません。

カラッカラの日には足跡さえ、
残らないかもしれませんから。


健康な赤ちゃんをそだてる目標のために、
母乳をあげることで、より
簡単に赤ちゃんの健康を得られるところはあります。

だからといって育児の苦労がなくなる
ワケでもないのですが。


ミルクを使うときには理由があります。

母乳に量としての追加が必要な時だったり、
母乳がない事が理由のこともあります。

あとで気付けば不要なものを足してしまったのね、と
気付くことになる事もあることでしょう。
母乳が出ているかどうかとか、
どうすれば出るのかを知らなくて、
ミルクを使ったあとで、
知識が追いついてくることももあります。

でも、栄養が不足するのはとても困ったことです。
だから、「足りない!」と判断した結果、
ミルクを足すのはやはり母親として、
大切な選択をしたことになります。


困っている時に、つかず離れず、
問題を解きほぐして、
選択肢を届けてくれるのは、
育児の中でのひとつの理想だと思います。

ラ・レーチェ・リーグやIBCLCは、
そういう理想の一端を担えるよう、
日々、学びを繰り返しています。

全てのお母さんが、安心して育児のできる
世の中はかけがえのないものだからです。


d0063558_20234820.jpg






記事や写真・イラストの無断転載はお断りします
医療的な事を扱うため個々の症例の質問への回答は
責任を持てないため、基本的に行っておりません。

d0063558_20152268.jpg

←バナー



2-3年以上前の記事では内容がすでに古い可能性があります。 改訂などの管理が行き届いていないこともありますので 記事の公開時期にもご注意下さい。

about me: 坂出市立病院 産婦人科勤務
      (産婦人科医・外来のみ、H27年5月より)
      母乳外来も予約制で行っています。

次の四国での母乳育児支援学習会はH30年の夏以降に行えるよう準備をする予定です。
twitterでも当ブログの以前の記事にどのようなものがあるか、ご案内しています。





by Dr-bewithyou | 2018-05-14 22:28 | 助っ人さん達 | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31