授乳中の乳腺炎が心配な方へ(産婦人科医・IBCLCによる情報提供)

うちのブログにはタグに乳腺炎があります。

ところが、外来で乳腺炎のお母さんに
「ここを見たら、今日、お伝えしたことは
 書いてあります」と言ったものの、
今まさに乳腺炎で困っているときの
実用的な記事は以下の記事まで
遡ることになりました。
ここでは改めて簡単にまとめました。
詳しい情報は↑のリンク先をごらんください。


◆◇◆どんな症状?◆◇◆
お熱がでて
おっぱい(乳房)が痛くなります。

お握りみたいな三角っぽいしこりや
ウズラ卵とかニワトリの卵のような
楕円形のしこりがあるかもしれません。

固くなったところが
赤くなることもあります。

触ってはじめて気付くこともありますが、
痛い事が多いです。

インフルエンザみたいに、
ふしぶしが痛くなったり、
全身や背筋がぞくぞくするかもしれません。
頭も一緒に痛くなることもあります。


◆◇◆どうしたらいい?◆◇◆
急に痛みや熱が出て
びっくりしていますよね。

授乳姿勢の工夫や
度々授乳することで
すぐに治る方法を下で
確認していきましょう。


まず、乳腺炎はつくられた母乳が、
十分に飲んで貰えないとか、
しぼりとれないことが原因です。

授乳の姿勢などを工夫して
痛くない方法で,たびたび飲ませます。

母乳の出方がすこし減っていることも
あるので、お子さんが飲むのに
すこしイヤそうに見えることも
あります。そんな時も、たびたび
姿勢を変えながら飲ましていきます。
(↑のリンクに姿勢の工夫も
沢山のヒントを書いてあります)

味が悪くなると言われたことも
あるかもしれません。
実際に塩味がごく少し増えて,
糖分がごく少し減ります。

ただ授乳の時にバタバタする子でも
診察した同じ時間に、
飲みやすい姿勢を見つけて
授乳出来るようにすると
どの子も同じ味の母乳を
するすると飲みはじめます。

味が嫌いでバタバタする
というよりも、
飲みやすくなるように
赤ちゃんも一緒に協力しているの
ような印象が強いです。

なお乳腺炎以外に問題のない
健康な母親が
病気をもっていない赤ちゃんに
授乳するのならば、
乳腺炎の時の授乳も
赤ちゃんに問題を起こすことはありません。

(HIV感染や糖尿病などのある人では
主治医と相談が必要です)

母乳がたまっているならば
たまったものを出そう!と思う事も
あると思います。

その時に的確にしぼるのは
案外難しいです。
もししぼるときは乳首の周りだけ
ティッシュペーパー1枚程度までを
少ししぼるに留めた方がいいでしょう。

しぼりすぎると症状がかえって
ひどくなりかねないのです。


◆◇◆病院にいくの?◆◇◆
病院に行くのが以下の時は必要です。

>>お熱が24時間以上続くとき
>>痛みが強いとき
など

また、インフルエンザなどの
感染症か乳腺炎か判断出来ないとき。

当院では、赤ちゃんを連れての
受診をお願いしています。
他の感染症の疑いがある事もあるので、
受診まえに電話で相談しての
受診がスムーズに行くでしょう。


◆◇◆薬は必要?◆◇◆
多くの場合、抗菌薬と痛み止めが
処方されます。
薬を飲みながら授乳を続けます。

抗菌薬はWHOの指針では
10-14日間という処方が示されています。
出たものは全部飲んでください。
(私は5日分処方しています。
飲み終わっても症状が続く人で
もう少し長く処方しています)

痛み止めはイブやロキソニンは
母乳に出にくくて、消炎作用があるので、
授乳中に使いやすいです。
カロナールを使う事もあります。

薬を飲むから,授乳を止めてね、と
もし言われたときは、
その医療機関では母乳育児について
あまり詳しくない施設だろうと思います。


◆◇◆効果判定?◆◇◆
24時間以内に熱がさがる。
しこりがすぐに小さく柔らかくなる。
その時は、抗菌薬もよく効いています。

熱が24時間以上続くとか、
しこりが続くときは
再度受診が必要です。
私はしこりが1-2週間経っても
残るときに受診して貰っています。


◆◇◆まとめ◆◇◆
おっぱいを働かせて、
体はやすみましょう。
(度々授乳して、ゆっくりゴロゴロします)


◆◇◆私がケーキを食べたから?◆◇◆
ケーキを食べても脂肪は
乳管にはつまらないです。

授乳間隔があいたり、
授乳姿勢が崩れることが
乳腺炎の原因になります。

だから、ケーキを食べたときに
お客さまがるとか外出して、
いつもと違う場所で授乳したとか、
母乳が流れ出にくい環境が
ケーキと共にあったはずです。

バランスの良い食事を心がけましょう。
熱があって食欲のないときは
水分をしっかり取って
食欲が戻るのを待ったので良いです。


以上の理由や根拠は上記のリンク先の記事
https://smilehug.exblog.jp/20796504/ でご確認くださいませ。

d0063558_22525202.jpg
↑名古屋 栄の公園




記事や写真・イラストの無断転載はお断りします
医療的な事を扱うため個々の症例の質問への回答は
責任を持てないため、基本的に行っておりません。
妊娠・出産  子育て 
母乳育児ランキング
d0063558_20152268.jpg

←バナー



2-3年以上前の記事では内容がすでに古い可能性があります。 改訂などの管理が行き届いていないこともありますので 記事の公開時期にもご注意下さい。

about me: 坂出市立病院 産婦人科勤務
      (産婦人科医・外来のみ、H27年5月より)
      母乳外来も予約制で行っています。

次の四国での母乳育児支援学習会はH30年の夏以降に行えるよう準備をする予定です。
twitterでも当ブログの以前の記事にどのようなものがあるか、ご案内しています。





by Dr-bewithyou | 2018-05-29 22:55 | 応援メッセージ | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30