Traumatic breastfeeding experiences are the reason we must continue to promote it



情報メモです。


母乳の利点を語ると「出ない人が可哀想」
と、指摘されることが度々あります。

それはどうやら海外も同様のようです。


母乳のことで辛い思いをした人がいる。
だからこそ、母乳のことを語るのだ、と
この記事では書いてありました。

赤ちゃんの栄養のために支援されなかった人が
母乳育児自体にトラウマを受けていたり、
想定外に早い断乳のことに
モヤモヤしたりしています。
だから、母乳育児を廃れさせるのではなく
(そこまでは書いていないです💦)
だから、母乳育児を隠すのではなくて
母乳をあげるために必要な適切な支援を
受けられなかったことに対して、
声をあげていいのだ、、、と意訳すると
この記事には書いてありました。

赤ちゃんが健康であることは、
社会としてはとても大きな命題なのです。
そのために,母親や父親が
健康であることも、
大きな社会のテーマなのです。



d0063558_21324046.jpg

d0063558_21331800.jpg
d0063558_21341710.jpg

d0063558_21350629.jpg






記事や写真・イラストの無断転載はお断りします
医療的な事を扱うため個々の症例の質問への回答は
責任を持てないため、基本的に行っておりません。
妊娠・出産  子育て 
母乳育児ランキング
d0063558_20152268.jpg

←バナー



2-3年以上前の記事では内容がすでに古い可能性があります。 改訂などの管理が行き届いていないこともありますので 記事の公開時期にもご注意下さい。

about me: 坂出市立病院 産婦人科勤務
      (産婦人科医・外来のみ、H27年5月より)
      母乳外来も予約制で行っています。

次の四国での母乳育児支援学習会はH30年の夏以降に行えるよう準備をする予定です。
twitterでも当ブログの以前の記事にどのようなものがあるか、ご案内しています。





by Dr-bewithyou | 2018-06-17 21:37 | 応援メッセージ:支援スタッフ | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30