子どものおっぱいにしこりがあるときはどんなとき?

私がSNS で出会って尊敬している
乳腺外科の渡海 由貴子先生の書いた記事の紹介です。


今日の記事はお母さんでなくて、
赤ちゃんの今と未来のお話しです。

お風呂に自分で入れない小さいときは
お母さんはわが子のからだのすみずみまで
見て触れているので、「しこり」があると
とてもびっくりすることと思います。

ここで渡海先生は
「赤ちゃんのおっぱいにしこりがあります、大丈夫でしょうか?」
「まだ思春期には早いのに、おっぱいが膨らんできました・・・」
「うちは男の子なのに、なぜおっぱいが膨らんできたの?」


という三つの心配について
理由や対応方法を説明されています。
ぜひリンク先をご覧くださいませ。



説明はわかりやすく、
医学に基づいた内容を伝えて下さっていて
この記事以外の乳腺炎や乳がんについても
信用できる情報をくださっています。
この記事以外も参考になさってくださいね。


赤ちゃんと、その赤ちゃんと暮らす
お母さんや家族を支える専門家が
ずいぶんと増えてきました。

増えたというよりもつながってきた!
と言う方が、新しい支援者を紹介するのには
ふさわしい言葉かもしれませんね。


この「やわらかな風の、、、」ブログが生まれたころは
私の周りに一緒に考えてくれる支援者は
職場の助産師さんの他はほとんどいませんでした。

だから、問題解決は
数冊の本とお母さん達の経験だけがお手本でした。

今はこうして、乳腺外科のドクターも
あれこれ教えてくださいます。

同じ情報をもとにした支援が広がることで
赤ちゃんと暮らすみなさんが困ることが減れば
育児の迷いや不安も、解決しやすくなって
行くことでしょう。

と言うことで乳腺外科のドクターの
書いた記事の紹介でした109.png

d0063558_02071949.jpeg
↑いいタイミングで載せ損なった病院の七夕飾りです。


記事や写真・イラストの無断転載はお断りします
医療的な事を扱うため個々の症例の質問への回答は
責任を持てないため、基本的に行っておりません。
妊娠・出産  子育て 
母乳育児ランキング
d0063558_20152268.jpg

←バナー



2-3年以上前の記事では内容がすでに古い可能性があります。 改訂などの管理が行き届いていないこともありますので 記事の公開時期にもご注意下さい。

about me: 坂出市立病院 産婦人科勤務
      (産婦人科医・外来のみ、H27年5月より)
      母乳外来も予約制で行っています。

次の四国での母乳育児支援学習会はH30年の夏以降に行えるよう準備をする予定です。
twitterでも当ブログの以前の記事にどのようなものがあるか、ご案内しています。





by Dr-bewithyou | 2018-07-19 01:32 | 助っ人さん達 | Comments(0)

赤ちゃんとのつきあい方の情報メモ。母乳育児支援(おっぱいライフ応援)をしている産婦人科医・IBCLC 戸田千のブログです♪ 下方の「ブログの説明」に利用上の注意もありますので必ずご覧になってください。


by Dr-bewithyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31